≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
Nの記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Sheol/Naglfer

Sheol/Naglfer 87点
----------------------------------------------------------------------
※1. I am Vengeance
2. Black God Aftermath
3. Wrath of the Hellen
4. Abysmal Discent
5. Devoured by Naglfar
6. Of Girgons Spawned through Witchcraft
7. Unleash Hell
8. Force of Pandemonium
9. The Infernal Celemony
10. Dawn of Eternity
11. Emerging from her Weepings
-----------------------------------------------------------------------

北欧神話『死の船』からバンド名をとったというメロディック・ブラックの至宝Naglferの2nd"Diabolical"から実に5年ぶりにリリースされた'03年発表の3rd.

その内容は5年の歳月にふさわしい、まさにアルバム名"Sheol(ヘブライ語で地獄を表す)が体を表現するかのごとく、地獄のような哀愁と怒号を暴虐でぶちかますメロディック・ブラックの究極体でした。

前作と同じ様に思わず口ずさみたくなるような叙情のメロディをブラストの上にぶちかまし、ヴォーカルが吐き捨て系デス・ヴォイスをぶちかますというスタイルですが楽曲の質・音質共に前作の比ではないほどに向上しています。音の分離がイマイチなあたりが残念だった前作に比べ、今作ではそれが改善され、特にドラムのスネアの抜けが格段に向上したのでブラストの迫力が文字通り怒涛の勢いとなって捲し立てています。そして吐き捨て系と記述したヴォーカルの表現力もデス・ヴォイスの中で哀と怒を非常に巧く使い分けています。とてもエモーショナルかつ迫力があり、この界隈ではもはやトップクラスではないでしょうか。

そして何より楽曲のクオリティが恐ろしいです。1.2.はこの界隈のみならずメタラーならば聴かずして死ねないと言って間違いない哀愁と暴虐の飛散する超キラー・チューン。更に11.12のボーナス・トラックがこれまた名曲。さらには7.8.などもいいですね。要するに隙がありません。美と醜、怒と哀、暴と静・・感情の振り子がふりぬかれるほどの、壮絶な感情絵巻です。


My Favorite:1.
これか2.でしょう。メロディック・ブラックの歴史に残る名曲。

スポンサーサイト

zita

Author:zita
東京在住。音楽、読書、映画、ドラム、お絵かき、廃墟が好き。趣味は広く広くを目指して。好きなものは深く深くを目指して。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。