≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
Sの記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Angel of Death/Slayer(音・歌詞紹介)

Reign in Blood/Slayer
-------------------------------------

slayerangel.jpg

1. Angel Of Death
2. Piece By Piece
3. Necrophobic
4. Altar Of Sacrafice
5. Jesus Saves
6. Criminally Insane
7. Reborn
8. Epidemic
9. Postmortem
10. Raining Blood
11. Aggressive Perfector
12. Criminally Insane (Remix)

---------------------------------------

自分でコーナー作っときながら放置、といういつものパターンの「歌詞紹介」第3弾。
紹介する曲はスラッシュメタル、いや、へヴィメタルの最も有名で攻撃的な曲の1つ、こいつだ。



▼続きを読む▼

スポンサーサイト

A Predator's Portrait/Soilwork 79点

A Predator's Portrait/Soilwork 79点
-----------------------------------------------
1. Bastard Chain
2. Like the Average Stalker
3. Needlefeast
4. Neurotica Rampage
5. The Analyst
6. Grand Failure Anthem
7. Structure Divine
8. Shadowchild
9. Final Fatal Force
10. A Predator's Portrait
----------------------------------------------

メロデス界の代表格バンドがメロデスラッシュ・サウンドから現代的なヘヴィロック・サウンドへと変化を遂げつつあった時代の2001年の3rdアルバム。今作では奇跡のアルバムといってもいい前作のようなメロデスラッシュな疾走感は全体的には衰えてますが、それでも彼らにしか出せない暴走力と音圧はまったく衰えていません。3.のイントロを聴いた瞬間思わず叫びだしたくなる感動とか、6.の頭を振らずにはいられない息もつかせぬ展開とかは、本当メタラーやっててよかったと思いますわ。

特に6はメロデスの代表曲といってもいい曲です。2ビートとブラストを主体とした迸るアグレッション、Bjornの超絶切れ味鋭いシャウト、そして急から緩へと移り変わった瞬間発現するこれでもかとくらいに迸る哀愁のメロディ、どれもが一級品。聴かないともったいないです。残りの曲も良いのが揃ってるとは思うのですが…


といいますかアルバム名が最高すぎる。
----------------------------------------------
My Favorite:6.
Fail! Fail! Fail!
http://www.youtube.com/watch?v=2IgNlRfU-FY

Death-Pierce me/Silencer 88点

Death-Pierce me/Silencer
---------------------------------------
1. Death - Pierce Me
2. Sterile Nails And Thunderbowels
3. Taklamakan
4. The Slow Kill In The Cold
5. I Shall Lead, You Shall Follow
6. Feeble Are You - Sons Of Sion
---------------------------------------

スウェーデン産病的ブラックメタルの最初にして最後の作品。この作品が最後になってしまったのはヴォーカルの方が精神病院に収監(入院ではなく収監)されたから。

Cradle of FilthのDani Filthや、BurzumのCount Grishnackhをも下に見る真に悲痛に満ちた、超絶発狂悲痛シャウトが最大の売り。曲の途中でいきなり泣き出したり笑いだしたり語りだしたり噎せだしたり、もう本当におぞましい。ブックレットに記載されたその姿と合わせ、このヴォーカルからは美しさなど何も感じず、ただただ「痛み」のみを刻み込まれる。1.で美麗なアコースティック・パートに身をゆだねてたらいきなりこれだから心臓に悪いったらありゃしない。


と、ヴォーカルばかりが目立つのですが、バックの演奏・曲は相当の高水準。アコギやトレモロを駆使した涙なしには語れない劇的に沈んでいく美麗メロディ(特に1.と2.なんかこれを聴かずに何を聴いて「哀愁」を語ればいいのかわからないくらいにすさまじい。何がすさまじいってその裏でずっとヴォーカルが「痛み」を叫び続けており、もうどうすればいいのか分からない)であり、しかも各々の曲の展開は決して一本筋ではいかない凝り方。ブラストはあるにはあるけど、基本的に疾走型ではありません。


系統は違いますが、Deathspell Omegaのようなアンビエントにパートによる悲壮感とブラストパート・シャウトによる暴走性の二極対立を売りにしたサウンドが好きな方は気にいるかもしれません。しかしこういうのばかり好きになってるとDimmu BorgirやCradle of Filthはどうしてもブラックメタルには思えなくなってしまう…(否定してるわけではないし、自分は特にCradle of Filthは大好きです

CDの方が相当の高値でついているとか。自分は定価で手に入れましたが。とはいえ売る気は毛頭ありません。家宝なので。

-------------------------------------
My Favorite:2.
炸裂するメランコリー。始まる「痛み」の時間。

ここまで狂ってるPVを見たことがない。一瞬World's end Girlfriendの"We are the Massacre"を想起させたけど、あれより断然背徳的で残虐でとにかく狂ってる(相当のグロ注意)↓
http://www.youtube.com/watch?v=hj6LcBV9nmw&feature=related

All Hope is Gone/SlipknoT 71点

All Hope is Gone/SlipknoT 71点
--------------------------------------------------------------
1. .Execute.
2. Gematria (The Killing Name)
3. Sulfur
4. Psychosocial
5. Dead Memories
6. Vendetta
7. Butcher's Hook
8. Gehenna
9. This Cold Black
10. Wherein Lies Continue
11. Snuff
12. All Hope Is Gone
--------------------------------------------------------------

9人組モンスター・ロックバンドSlipknoTの'08年発表の4th.

大方の予想通り暴力性・突進性は大幅に削られ、更にStoneSourのようにCory Tayler(vo)がクリーンで歌い上げる、メロに重点が置かれた楽曲が増えています。SlipknoTがここまでくるとはたしてStoneSourとの区別がわからなくなってきますね。

更に今回際立っているのはバラードの素晴らしさ。前作よりさらに表現力(特にダウナー系の)に磨きをかけたCory Taylerの苦悶と悲しみに満ちたクリーンヴォイスにより歌いあげられる5.11.はただひたすら美しいの一言。そして今作随一のキラー・チューン4.のメロメロなサビも彼の美声によりそのよさが際立っています。

ただ前作に比べて最も問題点なのは一聴しての印象の残らなさ。キラー・チューンの少なさでしょうか。PVも格好いい4.は確かに一回聞くと忘れないほどの爆裂な印象に満ちていますが、オープニングナンバーの2.などは4作目にして初めてはずしたかなといった感じです。残りも正直下手を打つと凡百なメタルコアとなり果てたかと思えてしまう感じが。。。。

とはいえ、やはり4.や12.など、自然と体が動いてしまうようなアグレッシヴ・ナンバーも随所に存在しているし、なにより九茫星の浮かび上がるジャケットがとにかく格好いいので、損した気分にさせないのが彼らのすごいところだとは思いますが。Coryの新マスクが、なんかB級スプラッターに出てくる殺人鬼な感じで素晴らしい。

My Favorite:4.
PV↓


live↓


Sleeping People/Sleeping People 82点

Sleeping People/Sleeping People 82点
----------------------------------------------------------------
1. Blue Fly Green Fly
2. Nasty Portion
3. Fripp for Girls
4. Technically You...
5. Nachos
6. Johnny Depp
7. Untitled
----------------------------------------------------------------

サンディエゴ出身の4人組インストバンドによる1st.

最近特に流行しているポストロックですが、その中でも「マスロック」というジャンルに属するらしいです。「マス」=「数学」という名の通り、隅々まで計算しつくされた変拍子・変調をベースとする音楽でありますね。

このジャンルは完全に範疇外で、このアルバムも正直ジャケ買いだったのですが、いやはや当たりでした。ライブでは見事にのりにくいであろう忙しい変拍子が随所に盛り込まれていますが、その展開が中々に格好よく、音色を多用するでもない(というより変わらない)のに全く飽きずに最後までいけます。1.~2.へのつながりや、4.5.などが特に好きですね。ボーナストラックもよいです。

最近では別段珍しい音楽性でもなくなってしまった感があるこの界隈ですが、間があくと急に聴きたくなるから不思議。

My Favorite:5.

zita

Author:zita
東京在住。音楽、読書、映画、ドラム、お絵かき、廃墟が好き。趣味は広く広くを目指して。好きなものは深く深くを目指して。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。