≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
Cの記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Sountracks/Can 90点(音)

Sountracks/Can 90点(音)
soundtracks.jpg

-------------------------------
1. Deadlock [From Deadlock]
2. Tango Whiskeyman
3. Deadlock (Title Melody) [From Deadlock][Instrumental]
4. Don't Turn the Light on, Leave Me Alone [From Cream]
5. Soul Desert [From Mädchen mit Gewalt]
6. Mother Sky [From Deep End]
7. She Brings the Rain [From Bottom - Ein Grosser Graublauer Vogel]
-----------------------------------

JOJO第8部になんと"CAN"が出ましたね!スタンド名はその名も"ビタミンC"、使い手は「田最環(ダモタマキ)」。
嬉しくて嬉しくて、ということで最近はCANばかり聴いております。そもそもブログの更新自体久々すぎんだろという話ですが、更に久々なプログレレビューですな。

↓使い手はこんなくそ格好良くもねえヅラオヤジですが、スタンドの「初見殺し」というか「チート具合」は史上最悪レベルで、本人のウザったさも含めて最高。
damo.jpg

------------------------------------

そんな絶妙な知名度のドイツ産変態プログレバンド、"CAN"ですが、荒木をして「こんなすごいバンドを知らなかった自分に驚いた」と言わしめるほど、素敵なバンドでございます。1960年代より活躍をしており、非常に今日的な音楽性を先取・開拓した軍団で、非英語圏ではアヴァンギャルドながら最初期に成功を収めたバンドの一つですね。

この2ndアルバムは、そんな彼らの「映画音楽」だけを集めた作品集で、それゆえに統一感にはかけておりますが非常にヴァリエーションに富んでおり、前任のボーカルのマルコムと、後任のボーカルのダモ・鈴木のボーカルがどちらも聴ける、ある意味"CAN"を知るにはいいのでは?と思ったりもしています。

…といいますか、その中でもこの曲が最高なので、これを聴く為だけに買っても何一つ損しないんですけどね。



なんだこれマジかっけえ。引き込まれる。トリップ出来る。ちなみに原曲とは全く違います。
原曲はこっち↓



"CAN"を印象付ける、反復リフに様々な不協和な音がまじりまくり、そこに「歌うではなくささやくような」ダモ・鈴木のボーカルが乗る。"Vitamin C"もメチャクチャよいのですが、個人的にはとにかくこの"Mother Sky"の反復リフが気持ち良すぎて、(特に盛り上げに盛り上げまくった後にダモのボーカルが入ることにより一気に下がるところが最高)とにかくよいですね。はまったらリピート必至です。Black Sabbathといい、Burzumといい、こういうのが好きなんだなあ。あとは、"Tango Whiskeyman"もよい。

という事で久々のレビューで"CAN"でした。1stの"Monster Movie"もものすごくよいですが、最初は4th”Ege Bamiyasi"がよいかもしれないですね。あれの"Vitamin C"がまたこれ最高なんですね。
--------------------------------------
My Favorite:6.
最高の14分間のトリップ。

スポンサーサイト

I Can See Your House from Here/Camel 88点

I Can See Your House from Here/Camel 88点
----------------------------------
ice.jpg

1. Wait
2. Your Love Is Stranger Than Mine
3. Eye of the Storm
4. Who We Are
5. Survival
6. Hymn to Her
7. Neon Magic
8. Remote Romance
9. Ice
------------------------------------

祝!CAMEL単独公演決定!!

という事で、スティーブ・ハケットとの来日は確定していたのですが本日単独公演も発表されましたCAMELであります。もう最近情弱過ぎて、こういうの全然追えていないので情報を教えてくださる方々には感謝しかございませんね本当。ということで、当ブログでもずっと言い続けている通り、CAMEL信者の自分はこちらの単独の方に行こうかと考えています。スティーブ・ハケットも好きですが。(あ、2回行けばいいのか…いや27,000円はさすがに…)

▼続きを読む▼

Two/The Calling 82点(音)

Two/The Calling 82点(音)
--------------------------------------
thecalling.jpg

1. One By One
2. Our Lives
3. Things Will Go My Way
4. Chasing The Sun
5. Believing
6. Anything
7. If Only
8. Somebody Out There
9. Surrender
10. Dreaming In Red
11. Your Hope
---------------------------------------
1stはめちゃくちゃ売れたし、すごい有名だけどe2ndが泣かず飛ばずでそもそも出てたっけ?レベルのバンドってかなり世に多い気がするのですが、このThe Callingなんぞはその代表バンドの一つでしょう。

20歳にも満たない年齢で1stの"Camino Palmero"を作り上げ、全世界で200万枚以上、UKだけで30万枚以上を売り上げ特にアレックスのド半端ないグッドルッキンっぷりと、その甘い歌声が炸裂した"Whenever you will go"には全世界が(特に女性が)一発ノックアウト。知る人ぞ知るモダンロックバンドになる…かと思いきや続く2ndがまさかのKO負け。各レビューサイトでは酷評され、もしくはレビューすらほとんど見つからず、書かれてもシングルカットされた"Our Lives"が殆どという散々たる一発屋の名前を冠してしまったのでした。

あれ、そういえばアレックスって今どこで何やってんだ…というのも気になりつつ、いや待てそんなに酷評されているこのアルバム、そんな悪いっけ、という事でレビューでございます。モダンロックの紹介、めちゃくちゃ久しぶりですね。

▼続きを読む▼

屍体愛好癖(Necroticism-Descanting the Insalubrious)/Carcass(音)

屍体愛好癖(Necroticism-Descanting the Insalubrious)/Carcass

CARCASS.jpg

--------------------------------------------------

1 屍体で花をさかせましょう(Inpropagation)
2 人体ジグソー・パズル(Corporal Jigsore Quandary)
3 疫魔交響曲第二番(Symposium of Sickness)
4 由緒正しき屠殺場(Pedigree Butchery)
5 硫酸どろどろなんでも溶かす(Incarnated Solvent Abuse)
6 肉体不協和音(Carneous Cacoffiny)
7 リゼルジン酸による嘔吐、吐瀉物による洗浄(Lavaging Expectorate of Lysergide Composition)
8 若き臨床科医の肖像(Forensic Clinicism/The Sanguine Article)

---------------------------------------------------

本日より「印象的な歌詞レビュー」シリーズを開始します。

有名なCDでも、特に洋楽は歌詞を読み飛ばしたりするものでして、それって実はものすごく勿体ないことだなと思ったりとかして、そういうところを紹介出来ていけたらいいなと大仰な目的を持ちつつ実はCD自体のレビューにマンネリ化を感じての苦肉の策だったりします。レビューにマンネリといいますか自分の文章にマンネリといいますか。


前からいうのですが、CDというのは歌詞カード、ブックレット、CD本体、ジャケット、すべてがそろって1つの作品だと思うのです。だからデータ化されたものだけで管理って実はあまり好きでないのです。


とかなんとかの口上を述べておいて、一発目のレビューは、「彼女へのクリスマスプレゼント人気商品」暫定1位、「屍体愛好癖」より「人体ジグソーパズル」をとりあげます。

▼続きを読む▼

In Motion/Copeland 85点(音)

In Motion/Copeland 85点
----------------------------------------------------
copelandinmotion.jpg

1. No One Really Wins
2. Choose the One Who Loves You More
3. Pin Your Wings
4. Sleep
5. Kite
6. Don't Slow Down
7. Love is a Fast Song
8. You Have My Attention
9. You Love to Sing
10. Hold Nothing Back
-------------------------------------------
米フロリダ州の4人組エモ・バンドによる2ndフルレンス。

▼続きを読む▼

zita

Author:zita
東京在住。音楽、読書、映画、ドラム、お絵かき、廃墟が好き。趣味は広く広くを目指して。好きなものは深く深くを目指して。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。