≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
映画(アクション)の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


シン・ゴジラ(映)/ネタバレ有

18151cf0.jpg

「ゴジラ FINAL WARS」(2004)以来12年ぶりに東宝が製作したオリジナルの「ゴジラ」映画。「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」の庵野秀明が総監督・脚本を務め、「のぼうの城」「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」の樋口真嗣が監督、同じく「のぼうの城」「進撃の巨人」などで特撮監督を務めた尾上克郎を准監督に迎え、ハリウッド版「GODZILLA」に登場したゴジラを上回る、体長118.5メートルという史上最大のゴジラをフルCGでスクリーンに描き出す。内閣官房副長官・矢口蘭堂を演じる長谷川博己、内閣総理大臣補佐官・赤坂秀樹役の竹野内豊、米国大統領特使カヨコ・アン・パタースン役の石原さとみをメインキャストに、キャストには総勢328人が出演。加えて、狂言師の野村萬斎がゴジラのモーションキャプチャーアクターとして参加している。

-------------------------------------

ということで観に行きましたシン・ゴジラ。ここ最近の話題をかっさらいまくっている庵野ゴジラ。エヴァの呪縛に飽きた彼がやりたい放題特撮で暴れた集大成の映画でして、非常に楽しみにしており、途中からネタバレが本当に怖いという機運が吹き荒れまくり、検索することもやめ、お盆に入る直前の仕事帰りにようやく観に行きました。ということで、どーしよもないところは例によってガシガシネタバレしまくっていくので、未見の方は絶対に何の情報もなしに見に行った方がよいと思うので、是非ここでバック。

▼続きを読む▼

スポンサーサイト

パシフィック・リム(映)/ネタバレ有

pacirim.jpg


2013年、突然未知の巨大生命体が太平洋の深海から現われる。それは世界各国の都市を次々と破壊して回り、瞬く間に人類は破滅寸前へと追い込まれてしまう。人類は一致団結して科学や軍事のテクノロジーを結集し、生命体に対抗可能な人型巨大兵器イェーガーの開発に成功する。パイロットとして選ばれた精鋭たちはイェーガーに乗り込んで生命体に立ち向かっていくが、その底知れぬパワーに苦戦を強いられていく。(あらすじ)

公式サイトはコチラ↓

http://wwws.warnerbros.co.jp/pacificrim/


------------------------------------------

日本において空前の大ヒットを飛ばしている、『パンズ・ラビリンス』を撮ってたギレルモさんが実は巨大なロボットや怪獣が大好きだったんだ!!というテンション一発だけで撮ってしまったド派手痛快ロボットアクションでございます。ネタバレぶっかましでいくので、まだな方は是非大画面3Dで鑑賞してからどうぞ。ただ、ネタバレされて見に行ったとしてもちっとも困りません。

▼続きを読む▼

アベンジャーズ(映)/ネタバレ有

avengers.jpg

あらすじ:
人知を超えた悪によってひそかに進められる地球壊滅の陰謀。それを食い止めるべく、大富豪で天才発明家アイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr)、神々の国から地球ヘと追放された雷神ソー(クリス・ヘムズワース)、感情の爆発によって容姿を激変させる科学者ハルク(マーク・ラファロ)などを集めた部隊アベンジャーズが結成される。しかし、各々が抱えているつらい過去や苦悩が浮き上がっては衝突し合うようになり、人類史上最大の危機に立ち向かうチームとしての機能が消失しかけていた。(Yahoo!映画より抜粋)

公式サイト:
http://www.marvel-japan.com/movies/avengers/home.html

--------------------------------------

想像をはるかに超えたシャレにならないレベルのスマッシュ・ヒットとなっている今作をほいほいつられて見に行きました。おそらく今年はもうよほどのことがない限りこれを超える映画は出ないでしょう。12月公開の『ホビット』が宣伝次第では…ってところですが、よくわからんですがこの映画公開までの宣伝手法、つなぎ方は神がかってると言っていいレベルで、きついんじゃないですかね。『アイアンマン』シリーズも『マイティ・ソー』も『インクレディブル・ハルク』も『キャプテン・アメリカ』もすべてこの映画の為への伏線です。どんだけ宇宙規模の伏線だよ!

▼続きを読む▼

キック・アス/ネタバレ有(映)

kickass.jpg


NYに住むデイヴ(アーロン・ジョンソン)は、コミックオタクでスーパーヒーローに憧れる平凡な高校生。ある日、インターネットで買った自前のスーツとマスクを身に付け、自分もDIYヒーローとして街で活動を開始する。何の特殊能力も武器も持たない彼は、初出動であっさり犯罪者にやられてしまうが、懲りずにパトロールを再開。その時の活動の動画が見物人によって撮られ、やがて“キック・アス(Kick-Ass)”の名で街中に知られるようになる。だが、街のパトロールをしていたのは彼だけではなかった。キック・アスは高度な訓練を受けた父娘デュオ、“ヒット・ガール”(クロエ・グレース・モレッツ)と “ビッグ・ダディ”(ニコラス・ケイジ)に出会い、街の犯罪帝国を仕切るフランク・ダミコを倒すため共に戦うことを決意する……。

----------------------------------------------

アメコミ原作映画シリーズ、ずっと楽しみにしてきた『キック・アス』を見てまいりました。その内容の過激さからあっちゃこっちゃで公開があれになったり批難されまくったりと、素敵なヒーロー映画でございます。

▼続きを読む▼

ウォッチメン(映)

b7e578f4.jpg


アメコミ原作の映画「ウォッチメン」を観ましたよ。

あらすじ:かつて、“ウォッチメン”と呼ばれる者たちがいた。彼らは<監視者>となって世界の重大事件に関わり、人々を見守り続けてきた。だが1977年、政府によりその活動を禁止され、ある者は姿を消し、ある者は密かに活動を続けていくことに。 1985年、未だニクソン大統領が権力を振るい、ソ連と緊張状態にあるアメリカ。10月、ニューヨークの高層マンションからエドワード・ブレイクという名の男が突き落とされ、無惨に殺された。そして、そのそばには血の付いたスマイルバッジが。スマイルバッジは、かつてブレイクがスーパーヒーロー“コメディアン”として活躍していたときのトレードマークだった。現場に現われた“顔のない男”ロールシャッハは、事件の背後に陰謀の臭いを嗅ぎとり、すぐさま “ウォッチメン”と呼ばれたかつての仲間たちの周辺を独自に調べ始めるのだったが…。(allcinemaより抜粋)

▼続きを読む▼

zita

Author:zita
東京在住。音楽、読書、映画、ドラム、お絵かき、廃墟が好き。趣味は広く広くを目指して。好きなものは深く深くを目指して。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。