≪ 2017 01   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -  2017 03 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
Eの記事一覧

Pictures At An Exhibition(展覧会の絵)/Emerson,Lake&Palmer 70点(音)

Pictures At An Exhibition(展覧会の絵)/Emerson,Lake&Palmer 70点(音)
----------------------------------------
elp.jpg

1. Promenade
2. The Gnome
3. Promenade
4. The Sage
5. The Old Castle
6. Blues Variation
7. Promenade
8. The Hut of Baba Yaga
9. The Curse of Baba Yaga
10. The Hut of Baba Yaga (Part 2)
11. The Great Gates of Kiev
12. Nut Rocker
------------------------------------------

キース・エマーソン、グレッグ・レイク、カール・パーマーという最強の天才3人による、ギターレス・ブリティッシュ・プログレッシヴ・ロックの最高峰EL&Pの1971年のライブ盤。

ムスログスキーの同名タイトルをメンバーがニューキャッスル・シティ・ホールで演りたい放題やったのが、需要が高まるにつれてそのまま3rdアルバムとして発売してしまい、結果的に英国最高チャート3位というとんでもない売れ行きをたたき出したという名盤にして、強豪ひしめきあう1970年代英国プログレッシヴ・ロック界でも必ずその名を連ねる作品である。

▼続きを読む▼

スポンサーサイト

Solstice/Early Cross 87点(音)

Solstice/Early Cross 87点(音)

earlycross.jpg

1.Willow Tree
2.Behind Spurious Claim
3.Hymn to the Fallen
4.In the Half Light of the Canyon
5.Cairn
6.Wind of Autumn

----------------------------------------------

千葉県のロックバンドの6曲入りミニアルバム。2010年後半に最もへヴィロテしたアルバムの1枚です。


▼続きを読む▼

Gore Metal/Exhumed 87点

Gore Metal/Exhumed 87点
-----------------------------------------
1.Necromaniac
2.Open the Abscess
3.Postmortem Procedures
4.Limb from Limb
5.Enucleation
6.Casket Krusher
7.Death Mask
8.In My Human Slaughterhouse
9.Sepulchural Slaughter
10.Vagitarian II
11.Blazing Corpse
12.Deadest of the Dead
13.Sodomy and Lust
----------------------------------------------

内臓ばらばらの人体ぼろぼろなジャケットが頼もしい「ステージで吐かせたら右に出る者はいない」ゴアメタルの祖による1stアルバムゴアメタルです。好きな人にこのジャケットをカラーコピーしてラブレターと一緒に渡すと思いがかなうって言う噂は本当なのでしょうか。

内容はジャケットから考えると比較的に聴きやすく、滅茶苦茶に格好いいグラインドバンドです。
デスラッシュのようなギターリフに炸裂する必死なブラスト、時たま入る甘ったるいメロディ、そして何よりこのバンドの最大の魅力の喚き散らし系シャウトとゴボゴボ系下水道デスヴォイスの絡みが本当格好いい。あと曲名からも分かる通りのくそったれな歌詞が魅力なのですが、実際問題「ヴォエヴォエヴォエ~」「グギャギャギャギャー」としか聴こえません。

ゴアグラインドといいますが、前述のとおり思ったよりもキャッチーで音質も比較的悪くなく、デスメタル好きな人にも受け入れやすいのではないのでしょうか。途中チェーンソーの音が紛れ込んでたりとか、血しぶきの音が聞こえてきたりとか、なにげに凝ってるし、何より個々の楽曲の質が総じて高い。
------------------------------------------
My Favorite:4.ジョバージョバージョバージョバージョバァァァァァアアー

Before the Bleeding Sun/Eternal Tears of Sorrow 78点

Before the Bleeding Sun/Eternal Tears of Sorrow 78点
---------------------------------------------
1. Sweet Lilith of My Dreams
2. Another Me
3. Red Dawn Rising
4. Upon the Moors
5. Sakura No Rei
6. Sinister Rain
7. Lost Rune of Thunder
8. Tar Still Flows
9. Angelheart, Ravenheart
-------------------------------------------------

極泣の地、フィンランドからのキラキラメロデス界の至宝、EToSの5th.

近年ではそんなになくなった、Key主体のキラキラ疾走メロデスバンドです。
1.からのあまりといえばあまりのKeyのメロディには思わず笑顔。
続く2.なんかも疾走感あふれる名サビで格好いいですね。
じらされまくった後の7.なんかも非常にコブシをあげて頭をふりたくなります。

アレキシ系わめきまくりなヴォーカルスタイルなんですが、その声質があまり好みでないのと、中盤が若干弱い印象は受けますが、それでも凡百なメロデスバンドとは一線を画していますね。
特にWithin Temptation、Therionを思わせるシンフォニック・ゴシック系統の大曲9.は間違いなく名曲。

My Favorite:9.
これがラストに持ってこられてるのが何ともRhapsodyっぽいともいえる。

Embrace the Emptiness/Evoken 85点

Embrace the Emptiness/Evoken 85点
-----------------------------------------------------------------------
1. Intro (Instrumental)
2. Tragedy Eternal
3. Chime The Centuries End
4. Lost Kingdom Of Darkness
5. Ascend Into The Maelstrom
6. To Sleep Eternally
7. Curse The Sunrise
----------------------------------------------------------------------

アメリカ産フューネラル・ドゥーム・バンドによる1st.

フューネラル・ドゥームといいますが、楽器陣は比較的キャッチー(あくまでもこっちの界隈のなかではという話)な音をだしており、クリーン・ヴォイスやピアノなども効果的に挿入されておりフューネラル・ドゥームというよりはゴシック色の強いドゥーム・メタルのような感触を受けました。楽曲にもちゃんと展開があり、少なくともElectric WizardやWorshipよりは全然キャッチーだと思います。

1.のインストゥルメンタル以外ほとんどが10分超え、もしくは10分に迫る演奏時間で、トータル・ランニング・タイムは70分超えという代物ですので、やはりこういうのが好きな人以外にはただの子守唄になりそうです。しかし個人的には絶望的なほどにメランコリックなメロディに完全にやられました。逆にいきつくとこまで行っちまった人には少し物足りないかもしれないです。

My Favorite:2.
展開が劇的で格好いい。後半のピアノの音色に涙が止まらない。
http://jp.youtube.com/watch?v=6n0sR4b_xXc

zita

Author:zita
東京在住。音楽、読書、映画、ドラム、お絵かき、廃墟が好き。趣味は広く広くを目指して。好きなものは深く深くを目指して。