≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
Hの記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Mood Swings/Harem Scarem(音)

Mood Swings/Harem Scarem

moodswings.jpg

-------------------------------------------
1. Saviors Never Cry
2. No Justice
3. Stranger Than Love
4. Change Comes Around
5. Jealousy
6. Sentimental Blvd
7. Mandy
8. Empty Promises
9. If There Was A Time
10. Just Like I Planned
11. Had Enough

------------------------------------

歌詞紹介2発目は、管理人の人生の1曲をご紹介。解散してしまった伝説のカナダ産メロディアス・ハードの帝王、Harem Scaremより最高のドライビング・ナンバー"Change Comes Around"です。

▼続きを読む▼

スポンサーサイト

Amoeba/Hacride 80点

Amoeba/Hacride 80点
--------------------------------------------------------------------
1. Perturbed
2. Fate
3. Vision Of Hate
4. Zambra (Ojos De Brujo Cover)
5. Liquid
6. Cycle
7. Digged Of Soul
8. Strength
9. Ultima Necat
10. On The Threshold Of Death
--------------------------------------------------------------------

フランスのテクニカル・デスメタルバンドの'07年発表の2nd.

プログレ+スラッシュ+モダンへヴィネス+フォークメタルのようなとにかく独特すぎる世界観の作品です。全体から殺気をぶち撒けているような変拍子ばりばりの激烈かつタイトな演奏を基軸に、何やら民族的というか部族的なメロディを奏でるアコースティック・ギターパートが盛り込まれてきます。その展開がとにかく予想不可能すぎてやばいです。

変拍子にクリーンとシャウトを使い分ける感情むき出しのヴォーカルがのるタイプとしては、むしろMudvayneに非常に近いものを感じますね。ギターもなんかやたらくさいメロディを随所でひきたおしているし。しかしあちらよりもずっと全パートにおいて手数は半端ないです。

My Favorite:4.
カヴァーらしいけど、息のつかせぬ窒息上等の展開が格好よすぎる。なんという部族ラップ。とにかく今までには余り馴染みのない音楽性です。ドツボ。ぜひ一度聴いてみてくださいませ↓
http://www.myspace.com/hacride

Dreamin' in A Casket/Hardcore Superstar 72点

Dreamin' in A Casket/Hardcore Superstar 72点
----------------------------------------------------------------------
1.Need No Company
2.Medicate Me
3.Dreamin' In A Casket
4.Silence For The Peacefully
5.Sophisticated Ladies
6.Wake Up Dead In A Garbagecan
7.Spreadin' The News
8.This Is For The Mentally Damaged
9.Sensitive To The Light
10.Lesson In Violence
11.Sorry For The Shape I'm In
12.No Resistance
13.Bastards
-------------------------------------------------------------------

スウェーデン産ハードロックバンドの'07年発表の5th.
今作は前作以上にアッパーな雰囲気をおとし、いい表現を使えば「大人」なロックに、悪い意味でいえば「小さくまとまった」ロックになっている感があります。
といいますかメタル色が上がったのですかね。

個人的にその路線は結構好きなのですが、いかんせん楽曲がそこまで琴線に触れなかったのが残念です。トータル・ランニング・タイムが結構長いだけに、やっぱだれてしまいます。まあでも彼らは明らかにライブ・バンドですから生で見るとまた盛り上がりそうな楽曲ばかりではありますね。

My Favorite:6.
こういういい曲は随所にある。

zita

Author:zita
東京在住。音楽、読書、映画、ドラム、お絵かき、廃墟が好き。趣味は広く広くを目指して。好きなものは深く深くを目指して。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。