≪ 2009 04   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - -  2009 06 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
2009年05月の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


夏への扉/ロバート・A・ハインライン

E5A48FE381B8E381AEE68989.jpg

お気に入りのSF小説、ロバート・A・ハインラインによる「夏への扉(ハヤカワSF文庫)」のご紹介です。


背表紙のあらすじを抜粋↓

ぼくの飼っている猫のピートは、冬になるときまって夏への扉を探しはじめる。家に沢山あるドアのどれかが夏に通じていると信じているのだ。1970年12月3日、このぼくもまた夏への扉を探していた。最愛の恋人には裏切られ、仕事は取り上げられ、生命から二番目に大切な発明さえ騙しとられてしまったぼくの心は、12月の空同様に凍てついていたのだ! そんなぼくの心を冷凍睡眠保険がとらえたのだが……巨匠の傑作長篇

------------------------------------------

ということで、友人に裏切られ、くそったれビッチな女にもてあそばれ、すべてを失った不器用な主人公が「冷凍睡眠(コールドスリープ)」やらなんやらを駆使して運命に立ち向かう再生の物語です。時間跳躍の生き生きした描写が見事で、幾多の障害・妨害に立ち向かいながら運命の歯車を動かしていく様は問答無用で「これぞSFである!!」といえます。


主人公が「完全に善」とはいえない(なのに、だからこそ?応援したくなる)ので勧善懲悪物語とは必ずしも言えないのですが、愛すべき少女リッキィと愛猫ピートを只管求めて奮闘する姿はなんとも人間的であり、正統派冒険物語といえるでしょう。読後感のなんともいえない爽やかさが心地よいです。あと猫好きの方はよりたまらないと思います。


しかし"Hired Girl"を「文化女中器」と訳したのはどうなのだろうか…?
----------------------------------------
只今の一曲:Endzeit Elegy/Worship

スポンサーサイト

私、キレイ?-Another.ver

杖をついた男が赤いコートを着て白い大きなマスクを口につけた女性に出会った。
女は男に近づくと一言、こう尋ねた

「私、きれい?」
「はい、きれいです。」

するとその女性は突然マスクに手をかけ、それを剥ぎ取りながらこう言った。
「コレデモキレイカイ…?」何と、その女性の口は耳まで裂けていたのだ………!

しかし、男は少しだけ困った顔をしながらこういった。
「うーん、困りましたねえ…私は目が見えないんですよ。なので『これでも』というのが何のことかは分かりません。」

少し思案した後、女は男の手を取ると頬の裂けている部分をなぞらせた。
頬に触れた男の手が一瞬揺れ、
自分の話している相手が口の裂けている女だと気づいた。

「コレデモ…口ガ避ケテテモ綺麗カァァァァ!?」
「ええ、きれいです。あなたはきれいな人です」

そして、男は光を感じない目を女に向けるとこう続けた。
「私は光を失ってから随分たちます。そして多くの人にあってきました。
なかには同じように道で声をかけられた事もあります。
でも多くの人は私が盲目だと知ると
声をかけたことをあやまり、同情し、申し訳なさそうに去っていくのです。 」

「でもあなたは私の意見を聞こうとしてくれる。
口のことも触れさせることで教えてくれた。
私を特別視していないようですごく嬉しいことです。」

「私は外見の事はわからないのでそういった基準でしか判断できませんが、
あなたは少なくとも私にとってはきれいな人です。
失礼でなければ、もっとあなたと話をしてみたいです。」


と、とてもうれしそうに男は話した。
女はポカーンとした後、急にボンッ!と音が出そうな勢いで赤面し、
「きょ、今日は時間がないので失礼します。」
とだけ言い残して走り去ってしまった。



…それからというもの、杖を持った男と大きなマスクをした女性が
仲よさそうに話しながら歩いているのがたびたび目撃されたという。

----------------------------------------
只今の一曲:Mother Russia/Renaissance

ペット・セメタリー

51aFriuU1IL.jpg


スティーブン・キング原作のホラー映画。

役に立ちそうでたたないあらすじ:
ボストン郊外に引っ越してきたルイス一家。ある時目の前の道路でペットの猫が車にひかれて死んでしまう。娘の悲しみを案じるルイスに、隣人のジャドは死んだペットがよみがえるという「先住民の墓地」の秘密を教える。翌日、飼い猫は帰ってきた。ただし生前とは考えられないほどに凶暴になって。無意味に鼠などを殺戮し、ルイスにも襲いかかり、そしてなによりその眼光はおぞましいほどに光っていた…。

数年後、愛すべき末っ子のゲイジを悲劇が襲った。理不尽なトラック事故。若すぎる死。誰もが悲嘆にくれる中、ルイスは件の「ペット・セマタリー」の事を思い出す。ジャドの忠告もきかず、ルイスはゲイジの死体をかついで「ペット・セマタリー」へと向かった。

-------------------------------------------

結論からすると面白かったです。キング原作の「ホラー」映画は基本的に残念になるともっぱらの噂ですが(とはいえ自分はキューブリック版「シャイニング」も、「キャリー」も「IT」も大好きです。「1408号室」も別の意味で好きです)こちらは原作読んでないのでなんともいえませんでした。しかし奥さんの苦悩や、ルイスの葛藤など、明らかに小説ではもっと掘り下げられているのを無理やり100分にまとめたのだという印象は受けました。


…な、映画でも十分に伝わる哀しみと憎しみ。家族を守らずにはいられないルイスのどうしようもないエゴ。よみがえったゲイジの発する負のオーラ。痛み。それは「バタリアン3」のジュリーの痛みに似ているかもしれません。生と死。その絶対的な境界を歪ませてしまうどうしようもない家族愛。キングってグロテスクな程に「家族」に固執した作家な気がします。「キャリー」の母娘の愛。「シャイニング」の父子の愛。

スプラッターなシーンも驚かせるようなシーンも殆どありませんが、ただひたすらに悲しい作品です。ああ若干「シックスセンス」にも似てるんだ。あのシーンとかこのシーンとか。ラストシーンが切ない。


ちなみにあらすじには登場させてない、もう一人重要なキャラクターが存在します。そしてゲイジーは最初チャッキーに似てるなと思いましたが、「赤ん坊少女」のタマミに酷似しているのだと分かりました。動きとか。
---------------------------------------
只今の一曲:Defiance of Death/Dark Fortress

暇を持て余したコピペブラックジョーク集

大好きなコピペを紹介していきます。暇なので。
有名なところが多いので知ってるのも多いかと思いますがご容赦を。長いので暇な時にでも。
------------------------------------------

1.微妙に食い違う面接

ぼく「私が恩赦を受けた理由は・・・」
面接官「えっ」
ぼく「えっ」
面接官「悪いことでもしたんですか」
ぼく「いえ、特に」
面接官「じゃあどうして恩赦を受けたんですか」
ぼく「社員の方に轢かれたからです」
面接官「えっ」
ぼく「えっ」
面接官「何ていう社員に轢かれたんですか」
ぼく「説明会でお会いした方全てです」
面接官「えっ」
ぼく「えっ」
面接官「大丈夫ですか」
ぼく「はい。体力には自信があります」
面接官「そうなんだすごい」
ぼく「事故紹介させていただきますと・・・」
面接官「まだあるんですか」
ぼく「たくさんあります」
面接官「えっ」
ぼく「死亡理由の方がいいですか」
面接官「死亡してるんですか」
ぼく「はい」
面接官「なにそれこわい」
「えっ」
面接官「いつから死亡してるんですか」
ぼく「実は社員の方に轢かれる前から死亡していましたが、 社員の方に轢かれて更に死亡度が高まりました。」
面接官「なにそれもこわい」
ぼく「えっ」
面接官「えっ」

--------------------------------------------
2.ある質問

ある大学で教授が女生徒に、
「適当な条件下で、大きさが通常の6倍になる体の器官を挙げてください。
その時の条件も言って下さい」と質問をした。

指名された女生徒は、顔を真っ赤にしながら冷ややかに
「これは適切な質問ではありません。この件は学校に告発します。」
と答えた。しかし教授は平然としたまま、別の生徒に同じ質問を繰り返した。

次の女生徒は落ち着いて答えた。
「目の中の瞳です。暗いと大きくなります」

「正解です。それからAさんには言いたいことが3つあります」と教授は続ける。

「1つ、授業は真面目に聞きなさい」
「2つ、あなたの心は汚れています」
「3つ、6倍になるなんて思っていたらいつの日か本当にがっかりする日が来ます」

---------------------------------------------
3.アンケート
【お客様の声】
ばーか

【店長からの回答】
お名前だけではなくご意見もお聞かせ下さい
------------------------------------------
4.見栄っ張り

こないだ高校の同窓会に行った。
みんなそこそこ成功してるやつばっかで、手取り20万の
貧乏リーマンの俺は肩身がせまい。
オーケーわかってる、そんなことは予期してたさ。
俺はおもむろにケータイを取出し「ちょっと失礼」と言って席をたつ。
(もちろん誰からも電話など掛かっていない)
「なに!外資のファンドが参入・・・」
(聞きかじった言葉を適当に)
「かまわん!買って買って買いまくれ!そうだ全部だ!」
(声を荒げてみせる。俺も何が全部なのかわからない。)
「責任は全部俺が取る。余計なことは考えるな!」
電話をおわり、席へ戻る。「ゴメン、ちょとしたトラブルで・・・」
みんな、口をポカンと開けて俺を見ている。
数分後再びケータイを取出し・・・。
「よし、転じたか!一気に売りぬけろ!」
(気分はウォール街のマイケル)
「やったか!300?310?よし、よくやった!!(小さくガッツポーズ)」
(もう単位などどうでもいい、みんなに任せとく)
「フゥーーーーーーっ」
大きな溜息をつきながら、席へ戻る。俺は大満足。
するとみんなが何かコソコソ話してる。気のせいかクスクスと
笑い声らしきものも。
そしてひとりの同窓生が失笑まじりにつぶやく。
「今日土曜日だぜ」
---------------------------------------------
5.成功者
4歳 成功とは...おもらしをしない事である。
12歳 成功とは...友達がいる事である。
16歳 成功とは...運転免許を持つ事である。
20歳 成功とは...セックスができる事である。
35歳 成功とは...お金を持っている事である。

50歳 成功とは...お金を持っている事である。
60歳 成功とは...セックスできる事である。
70歳 成功とは...運転免許を持つ事である。
75歳 成功とは...友達がいる事である。
80歳 成功とは...おもらしをしない事である

--------------------------------------------
6.ビデオ出演
668 : 名無しさん@恐縮です : 2006/07/30(日) 16:56:21 ID:/l9BPhvWO
俺もホモから逃げ切ったら10万円っていうビデオに出たことある

669 : 名無しさん@恐縮です : 2006/07/30(日) 17:00:19 ID:9iyD/Oxj0
>>668
それ凄いね。逃げ切れたの?

688 : 名無しさん@恐縮です : 2006/07/30(日) 17:28:30 ID:/l9BPhvWO
>>669 三人くらい捕まえたよ

--------------------------------------------
まだまだブラックジョークなコピペは知ってるので定期的に適当に紹介していこうかと。


昨今の悲しかった出来事。
・東のエデン見逃した
・けいおん見逃した
・ハルヒ2期見逃した
・時かけの新カバーが悪夢だ

---------------------------------------------
只今の一曲:Ghost Prototype I: Measurement Of Thought/Scar Symmetry

ゾンゲリア

DEADBURIED.jpg


ゾンビ映画の隠れた名作、「ゾンゲリア」のご紹介。
タイトルの安直さ、B級さに辟易しますが(「サンゲリア」に「ゾンビ」を組み合わせただけらしいです)内容はこれが超良質なサスペンス・ホラー。ちなみに現代は"Dead &Buried"で、「埋めるものと埋められるもの」となり、物語を考えると相当の良タイトルな気がします。なんで「ゾンゲリア」なのかなあ。

-------------------------------------

とってつけたようなあらすじ:
「小さく平和な村」ポッターズ・グラフにて旅行者のカメラマンが何者かに火をつけられ、重傷を負った。その事件を調査する保安官、ダンだったが、調査中に男は病院で何者かに殺されてしまう。謎の殺人事件・事故が相次ぐ中、ダンはその村の恐ろしい秘密に近づいていく。

-------------------------------------

という風にあらすじとしては「呪われた町」や「屍鬼」などに似ています。とりあえずゾンビ映画とは言いますが、登場するゾンビは知能を失ってもいないし、見た目腐乱してもいないし、人肉を捕食したりもしません。そういう点でゾンビ映画というよりサスペンスに近いですね。

設定が設定なだけに半ば予想できる展開ではありますが、それでも魅入ってしまいます。主人公・ダンの徐々に追い詰められていく様子、疲弊していく様子がなんとも見事。そして恐怖シーンは普通に怖いし、グロシーンは普通にグロいです。やっぱりこういう「閉鎖空間で蔓延していく恐怖、追いつめられる恐怖」ってのがめちゃくちゃに好きです。にしても冒頭でさっそく脱いでるゾンビ姉さんがものっすごい可愛い。眼球注射のシーンぞくぞくきた。



さりげなく脚本が奇跡のエイリアン・コンビだったんですねこれ。ダン・オバノンとか。道理でつぼなはずだ。ということでタイトルで損をしている映画です。哀愁漂う暗く冷たいサスペンス映画が好きな方は是非。結構じわじわきます。そしてラストシーンは必見です。ある有名な映画の元ネタになってたりします。

---------------------------------------
只今の一曲:ノーヒットノーラン/Bump of Chicken

八王子、来襲

キタ!!ついにキタ!!!!といいますかよりによって地元!!!!
あの八王子の病院昔すごい行ってたぜ!!まったく関係ねーけど!!!!

---------------------------------------------------

すごいウソくせえ情報整理↓

・NY行きは学校行事
→全員参加なら学校関係者はすべて灰色
・帰国後学校には行っていない
→八王子~川崎間の電車はシロ
→一部参加の行事なら学校関係者は無関係、同行者はすべて灰色
・帰りの便はCO009
→乗り合わせた乗客は灰色
→昨日1355着、夕方成田~八王子の交通機関(NEX新宿経由?)は灰色

-----------------------------------------

感染云々のスピードやら踊らされてる世界やらがゾンビ映画みたいですごい面白い。28日意識不明で寝てて起きたら誰もいなくなってて街を歩いてたらインフル患者が猛スピードで襲ってきたりとかして。あーわくわくするわあわくわくするわあ。マスク買占めとかもう大爆笑ものすぎる。マスクショックかよ。


この時期電車とかで咳き込むと周囲がびくって反応してすごい面白い。さて、慶應が休校になるのも時間の問題ですね。関係ないのだけど。


それにしても奈良の1000人感染現象はどうなったんだろう。
しかし今の自分にとってはインフルよりも歯が痛い事のが問題なんだ。
----------------------------------------
只今の一曲:冬のミルク/The Bach Horn

サンゲリア

ゾンビ映画を語るにおいて外せない「最悪の名作」『サンゲリア』のご紹介です。
ご存じイタリアン・スプラッターの帝王ルチオ・フルチ先生による、A.ロメロとは一風変わった湿度の高く宗教色の濃い、ねちねちグログロなナンセンスゾンビ物語。


あらすじ(wikipediaより引用)↓
ある日、ニューヨーク湾内で奇妙な事件が発生した。漂流中のクルーザー内に踏み込んだ警備船の警官が、突如現れた全身腐乱した不審な男に襲われたのである。警官1人が犠牲となり、男は全身に銃弾を打ち込まれて海中に姿を消した。

クルーザーの持ち主の娘アン(ティサ・ファロー)と新聞記者ピーター(イアン・マカロック)は、真相究明のためカリブ海に浮かぶ小島、マトゥール島へ向かう。だが、そこは何かの疫病なのか、それともブードゥー教の呪いのためなのか、死者が蘇り、生者を貪り喰う恐るべき魔境と化していたのである。

-------------------------------------------
とのことです。ゾンビの元祖は上記のブードゥー教なんですが、それを物語で言及しているゾンビ映画って実は結構少ないような気がします。バイオハザードやバタリアンに至っては「ウイルス」や「ガス」ですからね。ということで今作は島に宗教の原始的怖さが大々的にフィーチャーされております。



…という風に、『ゾンビ』や『バタリアン』のようなテンションの高さ、コメディやブラックジョークなどは全く見られず、徹頭徹尾陰湿な世界観は出ているんですが…



・スキューバダイビングする女が上半身裸にTバックっていうわけのわからんいでたちだったり
・の横で伝説の「ゾンビVS鮫」のシーンがくり広げられたり
・ゾンビに引きずられて目玉がずぶずぶと壁のささくれに刺さったり
・そもそもゾンビのメイクがチープすぎて途中なんかてるてる坊主にしか見えなかったり
・それでもゾンビに食われるシーンだけはやたら頑張って(いきいきとして)描いていたり


などとB級エッセンスが最初から最後まであふれかえっていて最高です。ゾンビもウジやミミズがたかっててひたすら気持ち悪く、最高です(だからジャケット写真は自重しました)にしても地の底から大量によみがえりすぎ。土葬すんな。

そしてラストシーンはめちゃくちゃにクールです。
当時は酷評されたらしいし、どんなに贔屓目に見ても突っ込みどころの多さ、完成度の低さはごまかしようがありませんが、それでもゾンビ好きなら後半の展開は垂涎物です。後半までが若干だれるんですけど。
------------------------------------------
只今の一曲:Mugnum Opus(live)/Kansas

ハイスクール・パニック/リチャード・バックマン(S.キング)

「二年前のことだ。そのころから、ぼくのあたまはおかしくなりはじめた・・・」

プレイサーヴィル・ハイスクールの最上級生である、ぼく(チャーリー・デッカー)は五月のある晴れた一日、教室で二人の教師を父のピストルで射殺した。あっというまのできごとだった。警官隊に包囲された、ぼくとクラスメートたちが体験する、まるで白昼夢のような、しかし緊迫した時間・・・。モダンホラーの巨匠スティーヴン・キングが高校生の不安な心の世界を鮮やかに描いた、異色の青春サスペンス小説!

---------------------------------------

というキング一流の「ぶっ壊れた若者」を存分に楽しめる快作です。分量もコンパクトで、でも解説にもあるように読後の空虚・喪失感はまさしく唯一無二。本当名作です。「コロンバイン事件」を想起させるとの事でキング自らが絶版を言い放ったとの事で手に入りづらくなると思いますので、必要な方はお早めに。


ただし実際の物語はコロンバインとは似ても似つかないと思いますが。殺人少年・チャーリー・デッカーとクラスメイトとの「血塗られた教室でのホームルーム」はその教室に漂う空気、個々人の内面の深い深い部分に、以前とは格段に異なる変化をもたらします。その若々しい空気感が、自分にとってはしつこいですが本当に大好きでした。

-------------------------------------------
只今の一曲:In the Presense of Enemies Part2./Dream Theater

千手観音情熱大陸

随分と忙しそうです。タグが笑える。



-----------------------------------------
今日感動したバンド:Cohol

オープン・ウォーター2(ネタバレ有)

6bbc9e65a73ab4a7fb0fcb1e76a3e75d.jpg

ダイビングの途中、海に二人だけ取り残されてしまったカップルの恐怖を描いたオープン・ウォーターと同じ名を持つ映画です。といっても続編とかではまったくなく関係も一切ありません。今回はおバカな若者6人組が梯子を下ろし忘れて全員海におりてしまい、おい戻れねえよ馬鹿、と海に取り残される物語。


と、あらすじからも分かる通りこの若者6人がもう想像を絶する馬鹿っぷりなので終始笑い転げてました。前作は360度見渡す限りの大海原でサメがうようよ寄ってきて、という恐怖でしたが今回は目の前に船があるのに、そこには愛すべき息子がおなかをすかしているのに、でも何もできない、という恐怖というよりはもどかしさを描いています。で、力尽きて仲間が一人また一人と死んでいくんですがもうその死因もいちいち馬鹿すぎて本当笑えます。






以下心の中でつっこんだ点をネタバレ全開で列挙。

















・水着を結んでロープを作ろう、という妙案が成功したのにそのロープを一番重量級のガチムチが力一杯のぼっている。なんで一番軽い女性を皆でかつぎあげて登ろうとしなかったのか。

・携帯電話に電話がかかってくる。手に届くところに携帯あんのかよ。皆がわーぎゃー騒ぐせいで助けを呼べない。所有者ブチ切れて携帯を海へ放り投げる。ここは腹筋崩壊した。もう見てらんない。

・「おれが船底を調べる!!」と勇気一杯にダイビングした男。息が持たなくなって急いで水面へ戻ろうとする途中船底に頭を力一杯ぶつける。「頭の骨が折れてるわ…」ギャグだろこれは完全。

・「↑の男を早く病院へつれてかなきゃ!!」「よし、俺がもう終わらせる!!」ナイフをずがずが船に打ちつける。多分ロッククライミングよろしくのぼろうとしてるんだと思う。「やめろ、俺の船に傷をつけるな!!」わーぎゃー。グサッ!!「うっ…」「船と仲間とどっちが大事なの!!」ぽかーん。

・↑の惨状を見て。「鮫が血で寄ってくる…」一番うるさかった女離脱。水着ロープのせいで全裸。寒い。凍死。えー。

・「こんなところで死にたくない!!泳いで岸までいってみる!!」「遠すぎるわ!!」「案外近いかもしれない!!」「また会いましょう!!」

------------------------------------------

…という風に既に分かるように過半数は自殺してるようなもんです。一番頼りになる筈の屈強な男二人が勝手に骨折したり勝手に失血死したりですからね。ははっワロス。挙句の果てにあのエンディングなんだから。もう本当死んだ人たち浮かばれない。ただ船の所有者が「おれが死ぬべきだった!!」ともだえるシーンは実は結構好きです。


これも実話をもとにしたっていうんでまあ誰でもそうだと思いますが真っ先に思いついたのは件のマリー・セレスト号事件。でもそれだと矛盾が多いんだよなあ。まあ細かいところは気にせずギャグ映画としてまったり楽しむのがよいです。ただ人によっては余りのバカっぷりにイライラして終わりかもしれません。

-----------------------------------------
只今の一曲:僕の生まれた街/奥華子

博士の異常な愛情・または私は如何にして心配するのをやめて水爆を愛するようになったか

B0000BHHJ6_09_LZZZZZZZ.jpg



S.キューブリック監督の「時計仕掛けのオレンジ」「2001年宇宙の旅」と並んでSF3部作といわれる、「博士の異常な愛情・または私は如何ににして心配するのをやめて水爆を愛するようになったか」のご紹介。


とりあえずSFではありません。冷戦下のアメリカの核ミサイル誤射をもとにした、超絶ブラックコメディ映画です。あとこのくそ長い邦題ですが、原題直訳の「ストレンジラヴ博士」では興行収入を見込めないと踏んだ配給会社が、S.キューブリックの「原題もしくは原題の直訳以外は認めない」を逆手に取ったという説があるそうです。なんで「誤訳」とする説は間違いで、意図的なものといえます。

参考→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%9A%E5%A3%AB%E3%81%AE%E7%95%B0%E5%B8%B8%E3%81%AA%E6%84%9B%E6%83%85_%E3%81%BE%E3%81%9F%E3%81%AF%E7%A7%81%E3%81%AF%E5%A6%82%E4%BD%95%E3%81%AB%E3%81%97%E3%81%A6%E5%BF%83%E9%85%8D%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%82%92%E6%AD%A2%E3%82%81%E3%81%A6%E6%B0%B4%E7%88%86%E3%82%92%E6%84%9B%E3%81%99%E3%82%8B%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%81%8B



登場人物のいかれ具合とシニカルなジョークがたまりません。特にストレンジラヴ博士、ジャック・ザ・リッパー将軍、タージドソンに至っては見たら一生忘れられないでしょう。以下特に好きなシーン。

・ストレンジラヴ博士の登場シーン全部。ナチズムへの痛烈なブラックジョークにいちいち腹筋崩壊する。最後の「炭鉱を掘れ」とのたまうシーンも意味不明すぎて笑える。男1:女10で20年で現在の国民総生産を超える、とかあんた。
・タージドソンがずっこけながらも熱弁をふるうシーン。こいつがガムを常に噛みながら熱弁するのもヒトラーのオマージュだとか。
・リッパー博士の陰謀論。「共産主義がフッ素を水に入れたんだ。だから俺は水を飲まん。」「体液に含まれた貴重なエッセンスを共産主義は奪おうとしている。」とかぶっ飛んだ主張をほざきまくりながら、そのきっかけが「性愛の途中でエッセンスが抜けていった時に気づいた」とか。
・キングコングが少佐が爆弾とともに落下していくシーン。ばかすぎる。



書ききれないから諦めた。とりあえずストレンジラヴ博士、マンドレイク大佐、大統領とメインキャラを三役を一人でこなしたピーター・セラーズの怪演に乾杯。こんな演技の方向性が違う三人をすげえわ。


映画好き、キューブリック好きは勿論、お国柄ブラックジョークやいかれた博士が大好きな人間も観て損はしないでしょう。あと「2001年宇宙の旅」とかと違って全く難解ではないので見やすいと思います。

幻のパイ投げシーン→http://www.asahi-net.or.jp/~kz3t-szk/kub_str.htm

--------------------------------------------
只今の一曲:yes/World's end Girlfriend


過去最強格中二絵模写完了

09-05-13_23-55.jpg

↑映画化決定記念。"GOTH"の最強中二病カップル神山ユウ&森野夜の模写です。
細かいところのベタ塗りを太ベタペンでいける!!とやってはみだして涙涙ということが多々ありました。もみじの隙間んとことか。大人しくGペンで塗った方が全然早い。急がばまわれ。うるせえ死ね。







09-05-13_23-57.jpg

↑神山ユウをアップにしてみた。手から滴り落ちる血液は例によって俺の好ry


09-05-13_23-59.jpg

↑森野夜。クールビューティーなキャラな筈だったのに気づけば事件に巻き込まれたり変態に拉致られたりとろくな目に合わない残念すぎるヒロイン。だがそれがいい。





フェアリーテールシアターは神でした。ラプンツェルやべえ。やりたい放題やりすぎ。あとシェリー・デュヴァル本当綺麗。ナレーションだけで死ねる。まあ今度詳細にレビューしよう。


レイトショーで静かに見れていたらきっと最高の気分になれてた筈だったのになんであの時吉祥寺に見に行かなかったのだろう。なんであの時入院なんかしたんだろう。それがひたすらに悔やまれる。映画でもライブでも後悔するくらいなら行けばいいんだ。結果として寝てしまったとしても。



映画熱上がったのでまた大量に借りてきたんです。少し眠いのをこらえて絵を描きながらオープンウォーター2でも見るとします。明日はAmazonさんから補給物資が大量にくる!!
--------------------------------------
只今の一曲:Dehumanized Nature/Distinity

散燦散

09-05-12_19-27.jpg

こんなんなりました。背景なんか描けるか馬鹿と投げた結果がこれだよ。あとなんかぼけてる。誰かデジカメを私に下さい。

目をトーン処理すると不思議ちゃん化するなんとも手軽な処理。
ちなみに今自分が描いている漫画のヒロインも目はトーンです。手抜ry

---------------------------------------

今日は散財デーでした。あースネア買おうと思ったのに。
色んな物質が部屋にたまっていくのですが、そんなかでも特筆すべきなのは夏休みにライブやら入院やらで泣く泣く見逃した「フェアリーテール・シアター」のDVDですね。何人かが泣いてほしがる声が聞こえてきそうだ。ざまあみろ。もうね。一つ(に大体2作品収録されてる)が4000円弱とかあほかと。ちなみに全部買ったわけではありません。ミック・ジャガーのだけ。


あとキングを数冊とCD数枚とブックカバーとオルゴール買いました。今頃になってキングを扶桑社カバーでそろえたくなってきて困る。授業中は基本的に本読んでます。


そういえば「ハイスクール・パニック」に関してこんなん↓がAmazonさんで通知されてたのでファンの方でまだ持ってない人はお早めにどーぞ。うん確かにコロンバインは想起される。でもそんなこと言い始めたらきりがない気もする。時事関係で過去最強格ブラックジョークは、9.11テロの翌日に放映されたドラえもんの中にアメリカへ旅行するものがあったのだけど思いっきりワールドトレードセンターが背景に写ってたってやつだと思う。自分は未確認ですが。


「キングみずから、本書の絶版を決断!
今後、世界じゅうで手に入らなくなります。
本作品について、衝撃的な情報が入りました。
本作の内容が、米国コロンバイン高校をはじめとする、学校内における多くの銃乱射事件を思い起こさせるとして、スティーヴン・キング自身が絶版を決断したというのです。
日本のみならず、各国語版について、今後いっさいの重版が認められず、在庫を売りつくすのみとなりました。世界から、キングの長編がひとつ、消えてしまうことになります。
お早めにおもとめを。 」



あと個人的急募

★文春文庫の「ペットセマタリー/S.キング」持っている方で売ってもいいよという方、よほどの汚れがない限り定価で買い取ります。いたらコメントしてください。

----------------------------------------

Kamelotの例のあれ、なんとか1分間くらいはあのBPMで踏めるようになりました。
まだ全然安定していませんがこのペースで練習してけば本番はなんとかなる。筈。そしてへんな姿勢で練習してたから腰痛めた。

携帯で自分の足もとを撮影してそれを授業中に「以前より安定してるのー」とかにやにやしてる自分くそ気持ち悪い。でもKamelotの場合それ以前にスタミナ持たないっていう絶対的なあれが存在してます。Rhapsodyと同じか…それ以上…


Museが格好良すぎて泣ける。曲が決まらん。
---------------------------------------
そのMuseで一曲:Citizen Erazed Origin of Symmetryの隠れてない名曲。Plug in Babyからの流れは絶品。

澪の生まれた地へ

水道橋に厳然とそびえ立つ漫画の殿堂、「芳○社」へいってきましたよ。

漫画3冊もらったり屋上に上らせてもらったりなんかよく分からない太っ腹さを見せつけてくれた感じでした。しかしもらった漫画が微妙な選択すぎて。「チーズの時間」とか既に持ってるっていう。


屋上から見た風景↓

09-05-11_17-331.jpg

水道橋のシンボルがこんな近くに…!!


09-05-11_17-341.jpg

何とか川をのぞむ。人がゴミのようだ。


既に20人も残ってなかったし例年通り(なわきゃないんだが)5人採用だとすると出版社としては異例の低倍率だからなんとかなっちまうんじゃなかろうかとか言いつつ今日の筆記で落ちてたら笑える。



ファイアやる夫ブレムの続編が開始された!!これは熱い!!また掲示板にはっついて支援する仕事がはじまるお。
------------------------------------------------
只今の一曲:Show me How to live/Audioslave

東のエデン

非常に面白い!!最初全然分からなかった謎が徐々に明らかになっていく感じがたまらない。今まで放送されてた第5話まで一気に見てしまいました。とりあえず今までの感想

・滝沢格好良すぎる。船で咲に手を差し伸べるシーン、5話のラストなんかもうニヤニヤが止まらない
・咲可愛すぎる。にしても最初全裸に銃の不審者だった奴と打ち解けるの速すぎ。そして牛丼怖い。
・非日常と日常の同居。次々と舞台が移り変わる点。ここら辺が醸し出す浮遊感に酔える。
・視点切り替えが見事。今はまだストーリー追うのに精いっぱいだけど二周目ではそちらにも気を配りたいです。
・映画の小ネタがいちいち面白い。ショッピングモール見た時に「ドーン・オヴ・ザ・デッドみたい」って滝沢いうのではと思ったら予想通り全く同じこと言ってて受けた。
・羽海野チカのキャラクター造形って浅野いにおになんとなく似てるなあとか思った。あと背景きれいすぎ。「秒速5cmメートル」を思い出した。
・まとめると続きが気になる。まだまだ謎が多い。20000人ニート失踪事件とは。サポーターとは。伏線も風呂敷もでかくなる一方だ。



とりあえずこれから木曜日深夜はフジテレビにお世話になりそうです。






09-05-10_23-53.jpg

↑今日描いてた「屍鬼」4巻の清水恵。これにトーン処理と背景描いたら終了。
藤崎竜は本当模写が楽しい。再現不可能だけど。点描とか色々挑戦してんだけどこれで質感出すの難しすぎ。

これにもちっと手を加えてから寝ます。
--------------------------------------------
作業中の一曲:Paranoid Android/Radiohead

死のロングウォーク/リチャード・バックマン(スティーブン・キング)

バックマン・ブックスの第4作目、「死のロングウォーク」を読了。
モダンホラーの帝王S.キングが「おれが売れているのはキングの名だからじゃないのか?」との思惑からペンネームを変えて作品を持ち込んでうんたらかたら…的なものがバックマン・ブックスらしい(うろ覚え


あらすじとしてはこんな感じ↓
近未来のアメリカ。そこでは選抜された14歳から16歳までの少年100人を集めて「ロングウォーク」という競技が行われていた。それは、コース上をひたすら南に歩くだけという単純なものだったが、このレースにゴールはない。歩行速度が落ち、3回以上警告を受けた者は次々に射殺され、最後に生き残った一人が決まるまで続く文字通りの「死のレース」なのだ。昼もなく夜もなく、冗談を交わし、励まし合って歩き続ける少年たちの極限状況を、鬼才キングがなまなましく描いた空前の異色作!!



らしいです。要するにハンター試験の第一次試験を思い浮かべてくれればよいです。もしくは恩田陸のの夜のピクニックなんかも少し似てる。

全体主義国家による若者達への理不尽なゼロサム・ゲームの強制といった点では「バトル・ロワイヤル」との類似点も多いのですが、「なぜこんな競技が行われているのか」といった根本的な全体主義への疑問、批判はかの作品より薄く、そういう点で何か言い知れない怖さもあります。そして「バトル・ロワイヤル」との決定的違いは参加者達が「自ら望んで」参加した、という点です。そして多くの参加者が自分が優勝できるなんて本気で考えてはいない。要するに死を軽視、もしくは享受してる。これがこの作品を覆う「違和感」の正体なんじゃないかと思います。


その「違和感」のある世界観をキング先生の鮮烈なる描写が紡ぎだす今作の面白さ。1人しか生き残れない、という絶対的に周囲と相いれられない状況ならではの少年たちのやり取りが見事。これが「2人」とかなら「一緒に生き残ろうね」ともいえるのだろうけど、一人だからそれも言えず、でも友情は否応なく芽生えてしまう。そこら辺の葛藤が本当見事に読ませてくれます。しかしこの「1りしか生き残れないから安易に一緒に頑張ろうといえない」状況って「採用者1名」とかの面接前の状況に少し似てる。



「いつまでもこうやっていっしょにダンスしててくれよな、ギャラティ。そうすればおれは疲れない。おれたち、星の上を歩いて、月から逆さにぶら下がろうぜ。」

マグブリーズは本当に格好いい。ていいますかこんな表現キングにしかできないんだからいくら名前変えたって無駄だったろうに。「スタンド・バイ・ミー」もそうなんだけどキングの描くアメリカの少しひねくれた少年達の姿、本当大好きです。うほっ。

-------------------------------------------
只今の一曲:ブランコ/Do as Infinity

A Moonchild in the Sky/天野月子

A MOON CHILD IN THE SKY/天野月子  90点
-------------------------------------------
1. A MOON CHILD IN THE SKY
2. Devil Flamingo
3. JOKER JOE
4. イデア(A Moon Child mix)
5. Stone
6. 翡翠(A Moon Child type)
7. 1/2-a half-
8. 聲
9. 砂糖水
10. パレード
11. 博士と孔雀
12. 花冠
13. 体操
---------------------------------------------------

9.と11.が最高格のキラーチューン。
のどかな午後の晴れた研究室で研究にいそしむ初老の博士と、その庭先のピーコック。
そんな情景が素敵に優しいメロディによってありありと心に浮かんで優しい気分になれる。
こういう曲が好きなんです。この世のすべては物語なんです。


でも9.の"Why can't you say to me Hello?"のパートの神っぷりにはかなわない。
Hello?のファルセット、最高。と、このまったりした2曲が神すぎますがロック色の強い1.7や誰もが認める神曲5.12.なども絶品です。


天野月子はこれしか持ってないのですが(音源は他のもあるのだけど)全部集めたいと思います。
自分で稼いだ金をけずってCDを買わないで「好き」なんていってる種族になりたくないので。

-------------------------------------------------
My Favorite:9.
麦藁帽子 乾いた西瓜の芯 わたしを入れて運んだ気の虫籠
ほれたはれたばっかのJ-POPシーンにて、このような「サウンドスケープ」を作り上げてくれるアーティストこそ支援していきたいです。

ゴールデンウイーク近況

酒と音楽とアニメと戯れてたら終わりそうです。まる。
Fairylandの新譜の2曲目がここ数年聴いたシンフォニックメタルの中で最もよい。おい、ていうかFairylandはともかくとしてHeaven and Hellのアルバムがこんなに話題にならんのはなぜだ。



今日は色々あれした後に隠れファンなバンドさんのライブを見に行ってあまつさえ打ち上げにまで顔を出させていただいて非常に有益かつ有意義かつ社会人生活怖すぎな話を聞いていたら終電があれやこれやになったので40秒で支度してなんとか終電に間に合ったのに膀胱のバーサク状態に耐えきれずに途中下車して漫喫で夜を明かしました。嘔吐感で途中下車して終電をあきらめたことはあるけど、尿意に耐えかねて終電をあきらめたのは人生で初めてです。こんなことならオールするかどーかはともかくもっと残ればよかった。



で、よしゃあいいものを例によって漫画を読みふけっていたら(「らきすた」と「喰霊」読んでた)一睡もできず、あと2時間後には家を出なきゃならんというこのこそばゆい状況。ついでにいうと今夜も不眠が決定しております。ははっオワタ。




にしても早朝が過ごしやすい時期です。奥華子のTime NoteをBGMに朝の空気を全身に受けたら昇天した。まあその前に聴いてたのはPig Destroyerなんですけど。



ゴールデンウイーク、あと2日…!!
なんか同じ学科の人で「ゴールデンウイーク明けまでに卒論テーマ提出してね」などと言われた人がいるらしい。4月中一回も授業に出てない俺の死亡フラグっぷりがやばい。
--------------------------------------------
朝に聴くとしねる一曲:恋(の4分超えてからの展開)/奥華子

けいおん!OP&EDドラムカヴァー

仕事が早い↓



そして巧い。「けいおん!」やりたい。ということで朝っぱらから面接だというのに今から第5話見ます。

zita

Author:zita
東京在住。音楽、読書、映画、ドラム、お絵かき、廃墟が好き。趣味は広く広くを目指して。好きなものは深く深くを目指して。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。