≪ 2010 04   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2010 06 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

十二国記シリーズ・総括ざっくり感想(本)

IMG_0068.jpg


今更小野不由美の「十二国記シリーズ」の総括といいますかざっくりとしたまとめの感想を書いてみます。本当にざっくりです。まず「十二国記」とはなんぞやという話なんですが例によってwikiさんより抜粋↓



十二国記の舞台となるのは、山海経に登場するような神仙や妖魔の存在する世界である。その名のとおり、12の国が存在する。文化、政治形態は古代中国(特に周王朝)に類似しており、絶対的な王制である。しかし世襲制ではなく、12の国はそれぞれ神獣麒麟(きりん)が天意に従って選んだ王により統治されている。王は諸侯を封じ、政治をさせる。王や一部の高位の官は神仙として不老長寿(だが必ずしも不死ではなく、胴や首を冬器という特殊な武器により断たれれば死んでしまう)の身体を得て、天意に従う形で国を治めることを求められている。麒麟が失道の病にかかりそのまま死・禅譲するか、誰かに討たれない限り王は死なない。王とそれを選ぶ麒麟、そして天意とは何なのかという問いが、作品全体の主題となっている。


はい、そういう事ですね。で、特徴的なのはこの『十二国』に現代日本の人間が紛れ込んだりするわけです。例えば物語通しての主人公の一人、陽子は元々は日本の女子高生でしたが諸々の理由で「十二国」へ赴きます。とにかく言いたい事は、世界観が非常に重厚で練りこまれているわけですね。




そんな感じの十二国各々の、王や麒麟の巻き起こすドラマが物語を紡ぐわけです。同じ登場人物が別の本に出てきたりが幾度もあり、「この物語のこいつってあの物語のあいつだったんか」的なサプライズが多く詰め込まれています。そういう点でまさに究極のスルメ本と言えるでしょう。あ、あとこの作品での王の呼称「主上」ってのが、小野不由実先生の呼称の由来だったりしますね。


ちなみにNHKでアニメ化もしています。そちらは自分は未見です。ということであくまで小説(んでもって自分は「講談社文庫」で揃えました。上の写真ですが、これを本棚に揃えた時の壮観な眺めたるや)の感想に終始します。ではどうぞ。

▼続きを読む▼

スポンサーサイト

死霊伝説 完全版(映)

419EbJD5IQLSL500AA300.jpg


久しぶりに故郷ニュー・イングランドのセーラムズ・ロットに帰ってきたベン・メアーズ。彼を迎えたのは、窓の外に浮かんだ青白い顔の少年だった。以来、町には霧が立ち込め、次々と死者が発見されていった。真相を突き止めようとするベンの前に姿を現す黒マントの怪人。そう、この恐るべき事件の犯人-それは現代に甦ったバンパイアだったのだ...。「キャリー」「シャイニング」などで知られるホラー小説の巨匠スティーブン・キングの「呪われた町」を、「悪魔のいけにえ」の鬼才トビー・フーパーが監督。当初、2時間・3夜放映のTVムービーとして制作されながら、ホラーとしてのクオリティの高さに再編集して公開された本作。その劇場公開より約72分長いTVムービー版を、ノーカットで収録。墓、柩、十字架と、吸血鬼映画としての雰囲気も満点。数あるキング・ホラーの映画化の中でも最高峰と目されている。(Amazonより抜粋)


と言う事で数あるホラー小説の中でもトップクラスに好きなS.キングの『呪われた町』の映画作品をやっとこさ観賞。

▼続きを読む▼

ぼくらの/鬼頭莫宏(漫画)/弱ネタバレ有

bokurano.jpg


あらすじ:

夏休みに自然学校に参加した少年少女15人は、海岸沿いの洞窟でココペリと名乗る謎の男に出会う。ココペリは「自分の作ったゲームをしないか」と子供達を誘う。ゲームの内容は、「無敵の巨大ロボットを操縦し、地球を襲う15体の巨大な敵を倒して地球を守る」というもの。兄のウシロに止められたカナを除く14人は、ただのコンピュータゲームだと思い、ココペリと契約を結ぶ。その晩、黒い巨大なロボットと敵が出現し、ロボットの中のコックピットに転送された子供達15人の前には、ココペリと、コエムシと名乗る口の悪いマスコットが待っていた。これが黒いロボット・ジアースの最初の戦いであった。……戦闘を重ねるにつれ、子供達はゲームの真の意味を目の当たりにすることになる。(wikipediaより抜粋)

-------------------------------------------------------

以下、何を書いてもネタバレになっちまうので、そういうのなしで読みたいよって方は(そして初読の方はそれをひたすらお勧めします)ここでバックしてくださいませ。


▼続きを読む▼

Ronnie James Dio、死去(時)

レインボー、ブラック・サバスなどに在籍したロニー・ジェイムズ・ディオが、現地時間の5月16日 午前7時45分に亡くなった。


彼のオフィシャルサイトに掲載されているロニーの妻・ウェンディからのメッセージによると、彼は、多くの友人や家族に見守られながら安らかな眠りについたという。またウェンディは、ファンをはじめ多くの人たちからロニーや家族へ贈られた愛情や励ましに感謝するとともに、彼の音楽は永遠、と、言葉を結んでいる。
ロニー・ジェイムズ・ディオは、2009年11月に、胃がんを患っていることを公表し、闘病生活を送っていた。またこの発表を受けて、ロニー・ジェイムズ・ディオのオフィシャルfacebookには、3000件を超えるコメントが寄せられていた。

HR/HMのボーカルスタイルそのものを作り上げ、ロック史に偉大な足跡を残したロニー・ジェイムズ・ディオ。天国にメロイックサインを捧げよう。ありがとう、ロニー!

以上、BARKSより抜粋(http://www.barks.jp/news/?id=1000061117)

▼続きを読む▼

9(NINE)-9番目の奇妙な人形(アニメ映画)

9.jpg

(STORY)
古びた研究室の片隅で、奇妙な人形が目を覚ました。麻布を縫い合わせて作られた身体、腹部には大きなジッパー、背中には数字の“9”が描かれている。自分が誰なのか、ここがどこなのか、彼にはわからない。恐る恐る外を見ると、見渡す限りの廃墟が広がっていた。茫然とする彼の前に現れたのは背中に“2”と描かれたボロ人形だった。 2は壊れていた9の発声装置をなおし、自分たちは仲間だと語りかける。自分が独りではない事を知り、ホッとする9。だが突如現れた巨大な機械獣の襲撃に2人は逃げまどう。2は9をかばって連れ去られてしまった。気を失っていた9を助けたのは他のナンバーをつけた人形たちだった。リーダーの“1”、人のいい職人の“5”、風変わりな芸術家“6”、そして腕力自慢の“8”。彼らは機械獣の脅威に怯えながらも、その小さなコミュニティで慎ましく暮らしていた。 9は彼らに2を救出に行こうともちかけるが、慎重で保守的な1に阻止される。気持ちを抑えきれない9は5を誘って機械獣たちの棲み家へと向かう――。

人類はなぜ滅びたのか?9体の人形は何のために作られたのか?戦いの中で次第に明らかになってゆく謎。未だ見ぬ黙示録が今、幕を開ける――。 (公式サイトより抜粋)

公式サイト:http://9.gaga.ne.jp/
---------------------------------------------------

▼続きを読む▼

いばらの王(アニメ映画)

ibara.jpg

感染すると半年以内に石化して死に至る奇病“メドゥーサ“が世界中で蔓延。主人公の少女が不治の病から逃れるために奔走する姿を描いた岩原裕二の同名コミックを映画化。コールドスリープカプセルで眠りについた後、目覚めた彼女を待っていたのは変わり果てた世界だった。ロカルノ国際映画祭で上映されるなど、海外も注目するアニメーションだ。
--------------------------------------------------

ということでゴールデンウィークに「いばらの王」の映画を見に行ってまいりました。
漫画のレビューになってないレビューはこちら↓

http://kame637.blog17.fc2.com/blog-entry-317.html

で、映画の方はというと

▼続きを読む▼

少年期(ボーイズ・エイジ)の終わり(戯)

                        ヘ(^o^)ヘ いいぜ
                         |∧  
                     /  /
                 (^o^)/ てめえがGWが
                /(  )    終わらねえって思ってるんなら
       (^o^) 三  / / >
 \     (\\ 三
 (/o^)  < \ 三 
 ( /
 / く  まずはそのふざけた
       幻想をぶち殺す





ということで1週間あった黄金週間もあと2日で終わってしまいます。結局このGWは遠出はまったくしてないですね。飲んでばっかりです。今日も自分の大好きな先輩と飲んだ後に、なぜか一人で飲み直して、結構酒入ってる状況で日記書いてます。明日7時起きなのに!!(「いばらの王」見に行きます)

▼続きを読む▼

ヒルズ・ハヴ・アイズ2(映)

hilleye2.jpg

『ヒルズ・ハブ・アイズ』の恐怖から一年。
軍事目的で現地調査に訪れていた科学者たちが謎の失踪、
砂漠地帯で訓練中だった新兵の一団が捜索を開始する。
しかし彼らが向かった先こそ、
前作でカーター一家が何者かと死闘を繰り広げた禁断の土地だった!
果たして生き残るのはどっちだ? 今度は戦争だ!(Amazonより抜粋)
-----------------------------------------------------

ということで放射能汚染の土地に住まう奇形一家と、今度は軍隊が戦う事になったよっていう、なんかどっかの地球外生命体シリーズの続編と似たような展開でスピード展開された第2作です。

▼続きを読む▼

粘膜人間/飴村行・弱ネタバレ有(本)

nenmaku.jpg


「弟を殺そう」―身長195cm、体重105kgという異形な巨体を持つ小学生の雷太。その暴力に脅える長兄の利一と次兄の祐太は、弟の殺害を計画した。だが圧倒的な体力差に為すすべもない二人は、父親までも蹂躙されるにいたり、村のはずれに棲むある男たちに依頼することにした。グロテスクな容貌を持つ彼らは何者なのか?そして待ち受ける凄絶な運命とは…。第15回日本ホラー小説大賞長編賞を受賞した衝撃の問題作。(Amazonより)
--------------------------------------------------------


「現代の残酷童話」っていう宣伝文句がぴったりだった作品でした。

▼続きを読む▼

zita

Author:zita
東京在住。音楽、読書、映画、ドラム、お絵かき、廃墟が好き。趣味は広く広くを目指して。好きなものは深く深くを目指して。