≪ 2010 05   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - -  2010 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


"Serial Experiments Lain"より怜音を描いてみた(絵)

写真(6)


と言う事でレインでございました。クリックで拡大します。
今回はデッサンと言いますか要するに鉛筆描きです。

▼続きを読む▼

スポンサーサイト

an omnispresence in wired yoshitoshi ABe(安倍吉俊画集)/安倍吉俊(ア)

laingasyuu.jpg


AX連載layer完全版+フルカラーコミックなど新作描き下ろしも30p!未発表作・原画も加え、安倍『lain』の世界を完全網羅。 (「BOOK」データベースより)

▼続きを読む▼

サバイバル・オヴ・ザ・デッド(映)

survivalofthedead.jpg


(あらすじ)
XXXX年の10月。突然、死体がよみがえり、人間たちを襲撃する衝撃的なニュースが世界に報道されてから4週間後。世界はまるで地獄のようになっていた。元州兵の軍人・サージは、壊滅してしまった軍隊から離脱し、強盗へと身をやつしてながらも、身の危険のない場所を探しさ迷っていた。そんな生活に嫌気がさしていたある日、「死体がよみがえらない安全な島(プラム島)がある」とのインターネット動画の噂を聞き、疑いながらも僅かな望みにすがり、その島へと向かうことにした。だが、危険を回避しつつ到着した島でサージたちが直面したのは、現地民たちからの攻撃と、進化しつつある死体の群れであった。(wikipediaより抜粋)

▼続きを読む▼

女性賛歌・偽曲(戯)

sc_hyoushi4.jpg


いきなりですが、世界の行く末とか、滅びる滅びないとか、そういう大仰な作品で鍵を握ってるのって大多数が女性な気がします。例えば


「最終兵器彼女」
「イリヤの空、UFOの夏」
「涼宮ハルヒの憂鬱」
「雲の向こう、約束の場所」


これらの有名なセカイ系は大体女性のが世界を選択する力持ってますね。男はなんか好きだの何だの騒いでるただの凡人なわけです。


でもって


「世界の終わりで詩い続ける少女」
「空を見上げる少女の瞳に映った世界」


セカイ系でなくとも、タイトルに「世界」とか大仰なものが入ってる作品では、この様に「少女」という言葉が並列されているものが多い気がします。

▼続きを読む▼

独白するユニバーサル横メルカトル/平山夢明(本)

dokuhakusuru.jpg

・C10H14N2(ニコチン)と少年-乞食と老婆
・Ωの聖餐
・無垢の祈り
・オペラントの肖像
・卵男/Egg MAN
・すまじき熱帯
・独白するユニバーサル横メルカトル
・怪物のような顔の女と溶けた時計のような頭の男
------------------------------------------------------

現代日本において、かなり高濃度なグロテスク表現を描く作家・平山夢明の短編集。氏の『異常快楽殺人』(角川ホラー)は自分の拙い読書経験の中でも相当自分に影響を齎してくれた素晴らしい著書なので、読んでいない方は是非食事中などにどうぞ。アンドレイ・チカティロの項が特にお勧めです。

▼続きを読む▼

Arcane Rain Fell/Draconian(音) 90点

draconian.jpg

1. Scenery Of Loss
2. Daylight Misery
3. The Apostasy Canticle
4. Expostulation
5. Heaven Laid In Tears (Angels' Lament)
6. The Abhorrent Rays
7. The Everlasting Scar
8. Death, Come Near Me

------------------------------------------------------

スウェーデン出身ドゥーム・ゴシックバンドの'04発表の2nd.

▼続きを読む▼

麦の海に沈む果実/恩田陸(本)

muginouminisizumukajitu.jpg

三月以外の転入生は破滅をもたらすといわれる全寮制の学園。二月最後の日に来た理瀬の心は揺らめく。閉ざされたコンサート会場や湿原から失踪した生徒たち。生徒を集め交霊会を開く校長。図書館から消えたいわくつきの本。理瀬が迷いこんだ「三月の国」の秘密とは?この世の「不思議」でいっぱいの物語。(BOOKデータベース)

---------------------------------------------------

ということで恩田陸の「麦の海に沈む果実」を読了。恩田陸はこれで「六番目の小夜子」「ユージニア」「光の帝国」「ネバーランド」「夜のピクニック」「月の裏側」と読みました。結構読んだな。しかし肝心の本書とつながりのあるシリーズは読んでないんですけどね。

とはいえ本作と繋がりのある「黒と茶の幻想」や「三月は深き紅の淵を」は既に持ってるので早く読みます。あと「黄昏の百合の骨」も早く読みたいと考えています。すごく…多いです。


と言う事で「ノスタルジーの紡ぎ手」(なんだこの呼び名)恩田陸の本書のご紹介です。ネタバレはなしです。

▼続きを読む▼

zita

Author:zita
東京在住。音楽、読書、映画、ドラム、お絵かき、廃墟が好き。趣味は広く広くを目指して。好きなものは深く深くを目指して。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。