≪ 2010 08   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2010 10 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

バイオハザード4・アフターライフ/ネタバレ有(映)

biohazard4.jpeg


あらすじ:T-ウイルスの力を取り込み、超人的な進化を遂げる女戦士アリス。廃墟と化した東京へ、そしてウイルスからの生存者たちが暮らすアラスカへ飛んだ彼女は、生ける屍=アンデッドと戦い続ける。そしてアラスカでは、アンブレラ社の恐ろしい陰謀が進行していた……。(ぴあより)


----------------------------------------------

もう大分前になっちまいましたが、ちゃっかり見に行きました。
ゾンビ映画どころかホラーという枠組みからもとっくに離れてる上に、原作もさっぱり知らないのですが、なんだかんだシリーズ全部見ちゃっています。


例によってネタバレ全開でいきます。

▼続きを読む▼

スポンサーサイト

森野夜を描いてみた②/じたもたまには考える(絵)

IMG_0218.jpg

ぶっちゃけ大失敗でありんす。
森野夜は造形的に大好きなキャラクターなのに、何故こうも毎回うまくいかないのか。

今回は本当に大失敗なので見てほしくないと言いますかアップにしてほしくないのですが、なんか以前描いた絵は全部あげるとかあげないとかいらんマニフェストを掲げてしまったので晒しあげ。同じ流し目系だったら以前描いた大澤さんのが全然うまくいってる。

久々に新しいペン軸買ったのになあ。また再挑戦します。


実行するかどうかは分からんけど、プロの画力向上法まとめサイトをメモとして↓
http://mazikanon.blog102.fc2.com/blog-entry-128.html

▼続きを読む▼

クローバー/新宿&面影屋/豊洲(カ)

○クローバー/新宿

IMG_0212.jpg

注文したもの:アイスコーヒー
来店人数:1人
来店日時:9/20、15時~17時くらい
所有本:「毒殺魔の教室/塔山郁」

味:★★☆☆☆
値段:★★★☆☆
雰囲気:★★☆☆☆
立地条件:★★☆☆☆
総評:★★☆☆☆



○茶房 面影屋/豊洲
IMG_0214.jpg

注文したもの:柚子と松茸のパスタ、アイスコーヒー
来店人数:1人
来店日時:9/20、19時~20時半
所有本:「毒殺魔の教室/塔山郁」、ポケモン・パール

味:★★★☆☆
値段:★★★★☆
雰囲気:★★★☆☆
立地条件:★★★☆☆
総評:★★★☆☆

-------------------------------------------------


▼続きを読む▼

東京マグニチュード8.0/ネタバレ有(アニ)

tokyo-m8.jpg

(STORY)
夏休みに入ったばかりのお台場。中学1 年生の未来は、弟の悠貴に付き合わされロボット展を見に来ていた。はしゃぐ弟を横目に、反抗期真っ盛りの未来は退屈そうにケータイをいじっている。「毎日毎日ヤなことばっかり…。いっそのこと、こんな世界、壊れちゃえばいいのに」そう思った瞬間、突然地面が激しく揺れた。

東京を襲った、マグニチュード8.0 の海溝型大地震。

レインボーブリッジは崩れ落ち、東京タワーは倒壊―。すべてが一変した世界。
未来は悠貴の手をひき、お台場で出会ったバイク便ライダー・真理の力を借りながら世田谷にある自宅へ向かう。

絶望に立ち尽くす姉弟と、一人娘を案じるシングルマザー。
果たして3人は、大切な家族の待つ我が家へ無事に帰ることができるのか…。

(公式HPより抜粋)
----------------------------------------------

去年ノイタミナ枠でやってたアニメを何故かこのタイミングで見終わりました。
全11話なので二日で見終わってしまった。

※これ以降、物語の根幹にかかわる超重大なネタバレを行いつつレビューを行います。
これから見る予定の人は絶対に読まないでください。

▼続きを読む▼

The Wave -ウェイヴ-(映)

thewave.jpg

あらすじ:

ドイツの高校教師ライナーユルゲン・フォーゲルは「民主主義の長所を学ぶ」ための実習で、校長から「独裁」をテーマとしたクラスを押しつけられた。月曜、最初の授業で生徒たちは「またナチの話か」「いまさら独裁なんてありえない」と口にする。ライナーは「まずリーダーを決めよう」と提案、生徒が彼をリーダーにすると「自分のことは「ベンガー様」と呼べ。発言する時は許可を得て立ってする」ことだけ決めた。火曜、団結しようと教室で足踏みする。そして白いシャツをみなで着ようと決めた。おもしろそうだとこのクラスを希望する生徒が増えた。水曜、クラスの名称を決めマークもつくった。そして知らない間にその「集団」は膨れ上がっていった。

-------------------------------------------------

という、もろ「es(エス)」な映画ですが、これは実在の事件を基にしております。
あれと同じく、集団の怖さ・狂気を扱った映画ですが、「ナチス」を全面に押し出しているため、より一層独裁の狂気を味わえますね。

▼続きを読む▼

クローディアの秘密/E.L.カニグズバーグ(本)

secretofcrowdia.jpg

(あらすじ)
少女クローディアは、弟をさそって家出をします。ゆくさきはニューヨークのメトロポリタン美術館。そこでこっそり生活をするうちに、2人はミケランジェロ作とされる天使の像にひきつけられ、その謎を解こうとします。/裏表紙より抜粋


私がこの夏各地で携わっていた、『宮崎駿の選ぶ50冊の直筆推薦文展』にて紹介されていたので、嬉しくなって再読してしまいましたシリーズその1。パヤオ先生は中々に素晴らしい感想を書いていたのですが、それででもってそれが載っているミニ本ももらったのですが、実家に忘れてしまってかつ内容をあまり覚えていないので割愛します。


結構昔に読んで、宝物になっている一冊です。

▼続きを読む▼

zita

Author:zita
東京在住。音楽、読書、映画、ドラム、お絵かき、廃墟が好き。趣味は広く広くを目指して。好きなものは深く深くを目指して。