≪ 2010 09   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - -  2010 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
2010年10月の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


I am the Void(戯)

laputa.jpg


この急激なアイスヘル化はまだまだ冬支度を済ませていなかった一人暮らしの人間をぬっ殺しにかかってきたとしか思えませんおかげで完全に殺られて頭痛でうなっています管理人ですこんばんは。頭痛の半分は、相変わらず飲めばきくだろうと思って過剰摂取したパブロンのせいかもわかりません。以前もそんな事あった気がする。学習能力皆無。



ということで今日は会社を早退したのですが、ごろごろしてたら終わりました。仕方ない。

▼続きを読む▼

スポンサーサイト

グッド・ウィル・ハンティング(映)

abc28f9d.jpg


(あらすじ)
マサチューセッツ工科大学の数学教授ランボーは学生達に数学の難問を出す。世界屈指の名門校の学生ですら悪戦苦闘する中、それを簡単に解いた者が現れた。その人物は学生ではなく同大学に勤務するただのアルバイト清掃員ウィルであった。ランボーはウィルの非凡な才能に眼をつけ彼の才能を開花させようとするが、ウィルはケンカをしては鑑別所入りを繰り返す素行の悪い少年だった。ランボーはウィルを更生させるため様々な心理学者(セラピスト)にウィルを診てもらうが、皆ウィルにいいようにあしらわれサジを投げ出す始末。最後の手段として、ランボーは学生時代の友人でコミュニティカレッジで心理学を教えているショーンを紹介する。ウィルは最初はショーンをからかっていたものの、ショーンも自分と同じように心に深い傷を負っていることを知り次第に打ち解けていく・・・。(wikiより抜粋)

▼続きを読む▼

コピックのある生活(戯)

戯言シリーズとしてはお久しぶりです。とはいえ最近は絵ばっかり描いてUPしてたんで、そっちが戯言シリーズみたいになってましたけど。


と言う事で以前の予告通りコピックを手に入れたのですよ。怒涛の72色!!

IMG_6807(9).jpg


興奮するってレベルじゃねえぞ!!
ちなみに我が家の画材と並べてみたらこうなった。

IMG_0237.jpg


段々机が浸食されてきますね。ちなみに左の飾棚にはスクリーントーンや原稿用紙がこれでもかと積まれてるわけです。


自宅でコピックの練習と言う仕事を一所懸命やろうと思います。このコピックの為に節約したラウパ代と同等の金が吹っ飛んで行きました。むは。


▼続きを読む▼

ブギーマンを描いてみた(絵)

IMG_0223.jpg


ロブ・ゾンビ版『ハロウィン』よりブギーマンを模写。

最初見た時から思ったけど、ロブ・ゾンビ版のブギーマンはレザーフェイスにそっくりですね。しかし映画としても、キャラクターとしても、圧倒的に『悪魔のいけにえ』の方が好きです。『ハロウィン』はジョン・カーペンター版もロブ・ゾンビ版の正直退屈で…というより、比較材料となる他の一流スプラッターのが断然上だと感じてしまいますね。いや、アレックス再登場には感動しましたけど。

▼続きを読む▼

レザーフェイスを描いてみた&雑記(絵)

(クリックで拡大します)
IMG_0220.jpg

アメリカの映画雑誌、「トータル・フィルム」にて愛すべき「悪魔のいけにえ」がNo.1を獲得した事を記念して。エド・ゲインを基にした愛すべきホラー・ヒーロー、「レザー・フェイス」の模写です。


これがもう本当に楽しくて。


本当、久々に結構満足いく絵が描けました。完成度とは別の意味で。何よりこのブシャアアアッって感じの血糊ですが、この「吹きつけ」という新技を使ってみたのです↓

マンガの描き方「血どば」「吹きつけ」(YouTube)


マンガでよく見る丸太シーンや喀血シーンなんかの血どばっなシーンは、すなわち作者の吐息がどばっとぶっかかったコマなわけですね。これがもう面白すぎるんで、これからも多用しまくりたいと思います。そして今まで二次元のヒロインばかり何故か書いてきたんですが、これからホラーヒーローも描いていきたいと思います。とりあえず次はブギーマンかな。ホラーヒーローの模写カテゴリでも作りますか。






呼んだ?
exocist.jpg


▼続きを読む▼

Seven idiots/Worlds end Girlfriend 30点(音)

Seven idiots/Worlds end Girlfriend 30点

sevenidiots.jpg


1. The Divine Comedy Reverse
2. Les Enfants du Paradis
3. TEEN AGE ZIGGY
4. DECALOGUE minus 8
5. ULYSSES GAZER
6. Helter Skelter Cha-Cha-Cha
7. GALAXY KID 666
8. Bohemian Purgatory Part.1
9. Bohemian Purgatory Part.2
10. Bohemian Purgatory Part.3
11. Der Spiegel im Spiegel im Spiegel
12. The Offering Inferno
13. unfinished finale shed

--------------------------------------------

まさかこのアーティストにこの点数をつけなくてはならんとは。

▼続きを読む▼

わたしは真悟/楳図かずお(漫)

watashihasingo.jpg


(あらすじ)
町工場労働者の息子「近藤悟(さとる)」と外交官の娘「山本真鈴(まりん)」の、小学6年生2人による、おぞましくも美しい恋物語。

まりんの父親の海外勤務にともない、身分違いの2人の恋は引き裂かれる。大人になることを拒否した2人は、自分たちの子供を作るため、さとるの父親が働く町工場の産業用ロボット「モンロー」の指令に基づき、東京タワーの頂上から救助にきたヘリコプターに飛び移る。その瞬間、2人の秘密の遊び道具であった産業用ロボット「モンロー」は自我に目覚め、意識としての進化を開始。産業用ロボットは、みずからの出自を求める旅を重ね、伝えられなかったさとるの愛の言葉を、まりんに伝えるべく、成長を続ける。(wikipediaより途中まで抜粋)

-----------------------------------------

空前絶後の天才・楳図かずお神による、純愛物語。

▼続きを読む▼

zita

Author:zita
東京在住。音楽、読書、映画、ドラム、お絵かき、廃墟が好き。趣味は広く広くを目指して。好きなものは深く深くを目指して。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。