≪ 2011 02   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2011 04 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
2011年03月の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コリン LOVE OF THE DEAD(映)

コリン


(あらすじ)
ある日突然、世界中で死者が蘇り生きた人間を襲い始めた。ロンドンの街はパニックに陥り、社会生活は完全に麻痺してしまった。青年コリンもその信じられない状況に巻き込まれ、蘇った死者に腕を噛まれてしまう。謎のウィルスは血液によって彼の全身に運ばれ、やがて底なしの倦怠感に襲われ、しだいに意識が遠のいていった。彼は死んだ。そして、目覚めた。朦朧とする意識の中、思うように動かない体を引きずりながら、街に出た。同時に猛烈な空腹感に襲われた。 そして、気がつくと他の死者と一緒に生きた人間の肉を食べていた。彼は、ただひたすらある場所へ行かなければならないという衝動に駆られていた。目的地へ向かって一歩ずつ足を進める彼を、“ゾンビ狩り”を楽しむ人間たちが襲う。その恐怖。やがて辿りついた場所は、恋人ローラと暮らしたアパートだっ
た…。


ということで、5,800円と言う驚がく的すぎる制作費と、その製作費からは想像もしえないクオリティから各所で話題になっていた「コリン」をようやっと見てきました@ヒューマントラストシネマ渋谷


こちらが予告編↓
コリンLOVE OF THE DEAD(YOUTUBE)


以下、ネタバレアリの感想。

▼続きを読む▼

スポンサーサイト

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド(本)

世界の終り上世界の終り下


あらすじ:
高い壁に囲まれ、外界との接触がまるでない街で、そこに住む一角獣たちの頭骨から夢を読んで暮らす〈僕〉の物語、〔世界の終り〕。老科学者により意識の核に或る思考回路を組み込まれた〈私〉が、その回路に隠された秘密を巡って活躍する〔ハードボイルド・ワンダーランド〕。静寂な幻想世界と波瀾万丈の冒険活劇の二つの物語が同時進行して織りなす、村上春樹の不思議の国。(Amazonより抜粋)

--------------------------------------

数年ぶりにハルキを読破。確か「スプートニクの恋人」依頼だからもう5,6年ぶりになりますね。
彼の長編は実は「スプートニクの恋人」と「ノルウェイの森」しか読んでいないのですが、こいつはれっきとしたファンタジー長編。

▼続きを読む▼

Eagles@東京ドーム3.6(ラ)

ものすごく今更ですが、レビューします。
1週間前の3月6日、The Eagles来日公演の東京ドームに行ってまいりました。

eagles.jpg
hotel.jpg


以下セットリスト。

▼続きを読む▼

震災の夜(時)

東北地震


ニュースのタイムライン↓
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00195044.html

---------------------------------------------

まさか久々の日記の記事がこんなことになるとは。知り合いや、その身内に普通に被災した人やけがした人が出ており、自分がリアルタイムに体験した災害の中では最も酷いものと言える悲劇が起きてしまいました。川越街道沿いを、延々と行進する人の群れや、震災に泣き崩れて歩くことすらままならない女性社員を見て、本当人間の無力さを今更ながらに痛感しました。いやはや…。

▼続きを読む▼

zita

Author:zita
東京在住。音楽、読書、映画、ドラム、お絵かき、廃墟が好き。趣味は広く広くを目指して。好きなものは深く深くを目指して。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。