≪ 2012 02   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2012 04 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
2012年03月の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


The Wheezerを描いてみた(絵)

IMG_1029.jpg
(クリックで拡大します)

というわけで約9か月ぶりの「ハイパー・ホラー・パーティー」更新は、鬼畜グログロSFホラーゲーム、「DEAD SPACE」より腫瘍が手にくっついちゃって動けないよ的萌え爆発なネクロモーフ、The Wheezerをもととした何かを描いてみました。ええ、要はモチーフに名を借りたオリジナルの落書きです。

▼続きを読む▼

スポンサーサイト

ディア・スノウドロップ(戯)

雪降ってましたね。今は雨に変わってしまいましたけど。今年ほんと雪多いですね。おかげでまだ花粉症にはなってないのですが、寒い以前に何か降ってくると外出する気はなくなりますな。


ということでひきこもって動画見たり漫画読んだりしてます。
疲れてるといつもMr.Children見てしまう。そしてこの動画。この一体感。ああもう、ライブに行きたいです。


http://www.youtube.com/watch?v=H2QS_j5bp3I

(口笛/Home tour Live)


ライブといえば、後輩の卒業ライブに出させてもらうことになりましたよ。純粋なサークルライブに出演するのはいつぶりでしょうか。楽しみですが、練習は一切してません。いやまあほら。Black Sabbathだし。5回目とかだし。

▼続きを読む▼

ラスト・セメタリー/吉来駿作(本)

51jtuo.jpg


葛西の家の裏にある“死にながらの森”には、死者を復活させる洞窟“キタイ”がある。ある日、高校の仲間ハルを守って葛西が死ぬと、深町たちは死体を運び儀式を行った。仲間の誰かの体に呼び戻すために。誰の体で葛西は復活するのか!?18年後、彼は高校生の姿で現れ、次々と女を犯し、仲間を殺す。恐怖と友情と恋が交錯する青春ホラー。(「BOOK」データベースより)


久々に文庫本を読みました。久々に読んだ本は完全にジャケ買いといいますか、あらすじ買いしたホラー小説。ええ、あらすじ見ればわかるとおりこれもろS.キングの「ペットセマタリー」のオマージュ小説です。「屍鬼」みたいなもんですね。しかしS.キング先生、本当に影響力絶大といいますか、モダンホラーのすべては彼の亜種なんじゃねえかってくらいに元祖のネタを作りすぎですね…。

▼続きを読む▼

ヒューゴの不思議な発明(映)

91.png


1930年代のフランス、パリ。父を火事で失ったヒューゴは駅の時計台に隠れ住み、駅の時計のネジを巻いて毎日を過ごしていた。ひとりぼっちのヒューゴの唯一の友達は、亡き父が遺した壊れたままの〈機械人形〉。
その秘密を探るうちに、ヒューゴは機械人形の修理に必要な〈ハート型の鍵〉を持った少女イザベルと、過去の夢を捨ててしまった老人ジョルジュに出逢う。機械人形に導かれ、ヒューゴの冒険が今、始まる。(オフィシャル・サイトより引用)

----------------------------------

なんの予定もなかった休日に、池袋をぶらついていた時に、ふと目に留まってみた、そんな偶然の映画でした。

▼続きを読む▼

zita

Author:zita
東京在住。音楽、読書、映画、ドラム、お絵かき、廃墟が好き。趣味は広く広くを目指して。好きなものは深く深くを目指して。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。