≪ 2012 09   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2012 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
2012年10月の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


JOJO展@六本木 森アーツギャラリー

JOJO原画展開催ィィィィッ!!ということで、行ってまいりました六本木・森アーツギャラリーにてJOJO原画展でございます。

JOJO.jpg

オフィシャルサイト↓
http://www.araki-jojo.com/gengaten/

------------------------------------

チケットが売り切れるだけあって、展内も非常に人が多い状況であらためて現在のジョジョ熱の熱さを感じました。そんな中チケットをとれた自分は本当ラッキー。

▼続きを読む▼

スポンサーサイト

火星年代記/レイ・ブラッドペリ(本)

martian chronicles

(あらすじ)
火星への最初の探検隊は一人も帰還しなかった。火星人が探検隊を、彼らなりのやりかたでもてなしたからだ。つづく二度の探検隊も同じ運命をたどる。それでも人類は怒涛のように火星へと押し寄せた。やがて火星には地球人の町がつぎつぎに建設され、いっぽう火星人は…
幻想の魔術師が、火星を舞台にオムニバス短編で抒情豊かに謳いあげたSF史上に燦然と輝く永遠の記念碑。
(巻末より抜粋)

----------------------------------------

1950年の作品です。SF小説の中で、最高傑作にあげる方も多いのではないのでしょうか。自分も読んだのがかなり前で記憶があいまいだったのですが、この前「新版」が出ましたので再読いたしましたので記念してレビュー。…再読してからさらに2か月くらいたっているので結局記憶はあいまいなのですが。

▼続きを読む▼

コミックスよ永遠なれ(戯)

祝!「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」開始!

ということでナパドゥの既視感が半端ない最近ですがいかがお過ごしでしょうか。管理人は相変わらず漫画ばかり読んで日々を悠然と無駄にしております。件の「BANANA FISH」もそうですが、歴代のジャンプ王道名作漫画・名作少女漫画や手塚治虫やら萩尾望都やら何やらかやらが揃いまくり、移動中が一番楽しみに時間になりつつあります。自宅だとなんだかしらんけど家事を延々やらされるので移動中のが楽です。

napdu.jpg


・BANANA FISH
・日出処の天子
・天使なんかじゃない
・スティール・ボール・ラン~ジョジョリオン
・魔人探偵脳噛ネウロ

ここら辺を読みました。ネウロとSBRは再読で、日出処の天子は現在読書中です。これ読み終わったら「風と木の詩」を読もうかと思ってます。それか「ブラックジャック」再読。ええもう読み終わりません。自宅最高です。

▼続きを読む▼

BANANA FISH/吉田秋生(漫)/弱ネタバレ有

BH.jpg


1985年、ストリートキッズのボス、アッシュはニューヨークのロウアー・イースト・サイドで、胸を射たれて瀕死の男から薬物サンプルを受け取った。男は「バナナフィッシュに会え…」と言い遺して息を引き取る。ベトナム戦争で出征した際、麻薬にやられて正気を失ったままの兄グリフィンの面倒をみていた彼は、兄が時々つぶやく「バナナフィッシュ」と同じことばを聞き、興味を抱いた。殺された男を追っていたのは暗黒街のボス、ディノ・ゴルツィネ。アッシュは男と最後に接触した者としてディノに疑われる。雑誌の取材でアッシュと出会った、カメラマン助手の英二も巻き込んで事件は思わぬ展開を見せ…。(Amazonより抜粋)


---------------------------------------------------

吉田秋生による1985年~1994年にかけて連載された漫画作品。文庫版にて全11巻。
少女漫画誌に連載されてましたが、あらすじを見ればわかるとおり、ストリートギャングとマフィアとの、とある凶悪なドラッグを巡る争いがテーマのハードボイルド作品です。

▼続きを読む▼

zita

Author:zita
東京在住。音楽、読書、映画、ドラム、お絵かき、廃墟が好き。趣味は広く広くを目指して。好きなものは深く深くを目指して。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。