≪ 2012 12   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2013 02 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

Larks' Tongues In Aspic/King Crimson(太陽と戦慄) 84点(音)

Larks' Tongues In Aspic/King Crimson 84点
---------------------------------------------------
lark.jpg


01. Larks' Tongues In Aspic, Part One
02. Book Of Saturday
03. Exiles
04. Easy Money
05. The Talking Drum
06. Larks' Tongues In Aspic, Part Two 7

-------------------------------------------

2本も抜歯したら麻酔が切れて痛くて痛くてせっかく作ったハンバーグもまともに食えやしない口の中がずっと血の味しかしないでもう嫌んなっちまったので、えーいプログレだプログレだ、ということで引き続きクリムゾンのこいつを取り出して深夜2時まで聴いておりました。始めます、「孤独のプログレ」第4弾。「太陽と戦慄」!!

▼続きを読む▼

スポンサーサイト

Lizard/King Crimson 79点(音)

Lizard/King Crimson 79点(音)
-----------------------------------------

lizard.jpg

01.Cirkus
02.Indoor Games
03.Happy Family
04.Lady Of The Dancing Water
05.Lizard

-----------------------------------------

思いつきで変な企画を始めちまったもんだから夜の7時~0時過ぎまでぶっ通しで音楽聴いて歌詞カード読んでライブ映像見ての繰り返しだよ!どうすんだよ!もう月曜日だよ!週初めだよ!

ちなみになぜか最近松本清張にはまってるのでそれを読んでるのですが、びっくりするくらい音楽とあいません。あたりまえだ。プログレにはSFなんだ。CAMELみたいなのは違うが。

▼続きを読む▼

In the Wake of Poseidon(ポセイドンの目覚め)/King Crimson 78点(音)

In the Wake of Poseidon(ポセイドンの目覚め)/King Crimson 78点(音)
---------------------------------
KingCrimson2nd.jpg


01. Peace-A Beginning
02. Pictures of a City
03. Cadence and Cascade
04. In the Wake of Poseidon
05. Peace - A Theme
06. Cat Food
07. Devil's Triangle: Merday Morn/Hand of Sceiron/Garden of Worm
08. Peace - An End
----------------------------------

やれ世間でプログレ好きの若者といえば、

「やっぱCDじゃだめだな。レコードで聴かねえとさ。全然音の広がりっつうか生々しさ、臨場感が違うよ。mp3なんてモグリ以外のなにもんでもないね。」

だの

「最近はやってる、あのハードコア?メタルコア?っつうジャンルはなんなのよあれ。カポエラみたいなわけのわからねえ動きしやがって。結局Aメロ、Bメロ、シャウト疾走のサビでクリーンでウォーウォーウォーだろ?変拍いれりゃあいいと思ってんだろ?全然分かってねえよ。つか分からねえよ。」

だの

「ドリームシアターがプログレとか言ってるやつはゲイ。サマソニでも見てろ。」

だの


時代に逆行したことばかり言って音楽サークル内でも異端児扱いされて、家で必死に即興演奏の真似をして、コピーしようぜと言っても「いいからメタルコアやろうぜ」の一言で返されて、一人家でCamelを聴いてむせび泣くという残念な人種ばかりでいいから黙ってられねえのかお前は、と何度自分に言いたくなったか分からない、そんな半端にプログレにはまっちまった26歳独身の続いてのレビューは世間での評判がすこぶる悪いKing Crimsonの2ndでございます。

▼続きを読む▼

In The Court Of The Crimson King / クリムゾンキングの宮殿 90点

やれ世間でプログレ好きのオヤジというと

「Pink Floydのクレイジー・ダイアモンドはシド・バレットへの想いが込められた屈指の名曲なのだよ。ほら、この歌詞のところにそれが表れているだろう?ダイアモンドはシドのことなんだ。サザエさんみたいな髪型したあいつのことじゃあない。」


だの

「King Crimsonのデビュー・アルバムが『アビィ・ロード』をトップから陥落させたというのは嘘だ。実質あれはチャートで3位だからね。ちなみに僕が一番『好きな』プログレのアルバムを選べと言われたら、選ぶことはできないけど、一番『偉大な』アルバムを選べと言われたら、間違いなくこれを推すだろうね」

だの

聴いてもいないのに薀蓄を垂れ流しまくり、やれバンドで演奏するとなればアホみたいに機材に金を投資しまくりセッティングに時間をかけまくり、上記のような薀蓄にまみれたくそつまらねえMCで観客を大いにひかせ、肝心要の演奏は「あ、そう。お上手。」と現代のドライな若者にはのび太のあやとりを見たしずかちゃんみたいな表情しかさせることができず、と

非常に痛々しい存在であると思うのです。




しかしですね。こう見えて自分も雪の日にはCamelの"Rainbow's end"の歌詞で涙を流し、怒れる日にはKing Crimsonの"Red"のビル・ブラッフォードのプレイで自分を奮い立たせ、暇な日には一日Magmaの歌詞解釈に勤め、といったような人種ですので、もうこの際開き直って

アホみたいに直情的で直観的で主観的で冒涜的なレビューを開始します。もうこの1年プログレ以外レビューしません。ていうのは嘘ですが、そのくらいの勢いでずっこみます。覚悟して下さい。ちなみにこのレビューブログには自分のプログレの師匠なんぞも来てれば、下手したらメタルの師匠なんぞも見に来てる可能性があるので内心びくびくです。



知るかボケ。こちとら暇で死にそうなんだ。
ということで一発目は「世界で一番偉大なプログレッシヴ・ロック・アルバム」『クリムゾン・キングの宮殿』!!



In The Court Of The Crimson King / クリムゾンキングの宮殿 90点
---------------------------------------

in_the_courtLG4.jpg

01. 21st Century Schizoid Man
02. I Talk to the Wind
03. Epitaph
04. Moonchild
05. The Court of the Crimson King

----------------------------------------


▼続きを読む▼

明日の空の向こうに(映)


久々に何の予定もない一日でしたので、しこたまCD買いあさった後にソロシアターしてきましたよ。
新宿の、最近できたらしいミニシアターのシネマカリテというところに。なにげにここでは公開初日という事でなんかトートバッグもらいました。そしてその日のうちになくしました。

あしたの

ポーランドの映画ですね。といいますか「木漏れ日の家で」の人でした。「ミツバチのささやき」を思わせる、アホみたいに可愛いキャストの一面を見ながらわくわく。


あらすじ:ポーランドにほど近い旧ソ連(ロシア)のとある貧しい村。親も住む家もない幼い3人の少年は、生きるために物乞いや盗みを働き、駅舎で夜を過ごしていた。3人は、外国へ行けばきっと今よりもいい暮らしができるとの希望を胸に、越境の旅に出る。危険の多い命がけの旅を乗り越えて3人はポーランドの田舎町にたどり着くが……。

http://www.pioniwa.com/ashitanosora/

▼続きを読む▼

【ただの報告】転職します

     *      *
  *     +  うそです
     n ∧_∧ n
 + (ヨ(* ´∀`)E)
      Y     Y    *


というのが嘘で、本当は嘘ではなくて嘘の裏の嘘です。
要はマジです。上の文章があってんのかどーかはさっぱりわかりません。

▼続きを読む▼

Muse 1.12 @さいたまスーパーアリーナ(ラ)

ということで楽しみで楽しみでハゲかけた(全く関係ないですが最近ハゲてきております)MUSEの来日公演へ行ってきましたよ!MUSEは武道館を取りのがし、サマソニはいったことがないので、これが初参戦です。アリーナ・Bブロックなので、残念ながら最前とかは無理でしたが、中々よい位置をゲットし、周囲もかなりのMUSEファンが多くノリが良かった感じなので、全編よい空気で見れました。以下セットリストと雑感!

▼続きを読む▼

ムヒョとロージーの魔法律裁判事務所(漫)

ムヒョ路地

1巻あらすじ(Amazonより抜粋)
罪(人間に危害を加えるなど)を犯した霊に対して刑を下し、あの世へ送る能力を持つ魔法律執行人・六氷透と、彼の助手を務める草野次郎。そんな彼らを、霊に悩める人たちが次々と訪れ…。戦慄の世界への扉が今、開かれた!!

-----------------------------------

2013年一発目のレビューは、正月休みになぜか大人買いした「ムヒョロジ」のレビューをさせて頂きます。「なぜ今更??」という声があっちこっちから聞こえてきそうですね。もちろん完全に気まぐれです。

大人買いをしたはいいけど、10巻がカバーだけムヒョで中身は「めだかボックス」だったとかいうBOOK-OFFあるあるもしっかり体験しつつ、泣かずに一気に読みました。「ネウロ」の様に大声で万人に薦めたい!神作!っていうわけではないのですが、あまり人を選ばずに十分に楽しめる良作だと思います。

▼続きを読む▼

謹賀新年~2013年~

ママがこわい!!
IMG_1469.jpg



ということで家に帰ってみたらママが首が長くなり、鱗がはがれる体になってました嘘です管理人です2013年もどうぞよろしくお願いいたします。



ヘビといえば「長い体」の次に「毒」が連想され、実際、有毒な爬虫類の99%以上はヘビが占めている(ヘビ以外にはドクトカゲ科2種のみとされてきた)。全世界に3000種類ほどいるヘビのうち、毒をもつものは25%に上る。威嚇もなく咬みつく攻撃的で危険な毒蛇もおり、不用意に近づくのは危険である。(wikipediaより抜粋)


ヘビ年物騒ですね。

▼続きを読む▼

zita

Author:zita
東京在住。音楽、読書、映画、ドラム、お絵かき、廃墟が好き。趣味は広く広くを目指して。好きなものは深く深くを目指して。