≪ 2013 03   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - -  2013 05 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

絵師100人展@秋葉原UDX AKIBA_SQUARE

秋葉原UDXにて開催されております「絵師100人展」に行ってまいりました。

http://www.eshi100.com/index.html

有名どころだと、KEIや蒼樹、カントクなどなど、現代のイラストレーター100人が参加している展覧会ですね。お題「日本の一景」で、各々得意とするテイストの絵を色々描いております。夏だったり冬だったり、駅だったり大自然だったり、日常の一角だったりファンタジーだったり…何人の方は仕事柄あったこともあるのですが、やっぱりこういう風に一同に会すると非常にオーラがあってよいですね。



▼続きを読む▼

スポンサーサイト

ザ・ブルード~怒りのメタファー~/ネタバレ有(映)

brood.jpg


クローネンバーグ監督が自作の中で最も気に入っているという1本。人間の怒りや不安といった感情を、腫瘍の傷など体外的なものに置きかえる研究をしている精神科医リード。エッガーは彼のモルモットで、彼女の怒りは腹にせり出した子宮外子宮で次々と小人のようなフリークスを生み出してしまう。このフリークスは、ま た彼女の怒りの復讐の代行者でもある。ねっとりとした血と内臓感覚とともにこの作品を被うのは、冷ややかで静謐な哀しみ。ホラーであると同時に、夫婦の亀裂を描いた、優れた異形の恋愛ドラマだ。ビデオ発売時タイトルは「ザ・ブルード」

----------------------------------------

新宿武蔵野館がクローネンバーグ特集だってことで、レイトショーで立て続けにクローネンバーグを上映してますよ!ってことでホイホイ行ってきました。前からずっと言ってるけど、レイトショーでホラー鑑賞って本当好きなんですよ。なんというか全体に漂うけだるい雰囲気がたまらなくて。

▼続きを読む▼

午前1時の憂鬱(戯)

空亡

魑魅魍魎の王。別名を「闇之太陰」
百鬼夜行の最後に現れ、それら全てを呑み尽くし、押し潰す存在。黒き太陽とも言われる。
正体不明の存在であり、基本的な情報すら不足している。古の資料にわずかに実在が囁かれる程度である。


空飛ぶスパゲッティ・モンスター教


進化論を強く否定する、自称自由の国アメリカにある教団。インテリジェント・デザイン理論に基づいた教育を全世界で行なわせることを目的として活発に活動していると教団はいっているが、実際に世界中で活動した形跡は不明なのでウソをついている可能性が高い。海賊たちに広く信仰されており、九鬼嘉隆、ジャック・スパロウ、ルフィなど有名海賊たちも信仰していることで知られる。

------------------------------------

なんだこれと思ったら詳しくはググってください。

最近知って非常に素晴らしいと思った物物です。電車の中でこういうのググっちゃあクスッとしています。「空飛ぶスパゲッティ・モンスター教」は本当に素晴らしい。頭いい人が本気で屁理屈かますとこうなるんだ。「星を継ぐもの」のダンチェッカーのように。


・惡の華…話題の絵柄は個人的には好きですよ。原作買いに行ったつもりが売り切れててなぜかしょーもないB級グロ漫画「pupa」を買ってた。

・進撃の巨人…OPがただひたすらに格好いい。映像綺麗。でもそれだけで飽きそうです。原作も、人間パートがたるすぎて読むのやめたクチです。

・俺妹2期…安定しています。こういう系のアニメで唯一本当に好きなもんかもしれない。こういう系ってどういう系だって話ですが。

・JOJO、大団円…最終回のカタルシスがただひたすらにやばかった。カーズ戦のBGMが1部のOPだったあたりとか。そしてまさかのラストの第3部への予兆とか。これを超えるアニメは今後しばらく有りえるのか。

-----------------------------------
只今の一曲:星が瞬くこんな夜に/supercell

今年の夏こそ、びっくりするくらいの数の星空のもとで、夏風を感じて、一人ゆっくりゆっくりと眠る夢をかなえる。

ばるぼら/手塚治虫(漫)

balbora.jpg

balbora2.jpg

バルボラというフーテン娘に導かれ、芸術と狂気の間をゆれ動く、ある作家の栄光と喪失。(上) バルボラは悪魔か女神か‐。バルボラとの奇妙な同棲が作家にもたらす恍惚と絶望。(下)(藤川桂介)

-----------------------------------

氏の作品は、いつ読んでも何を読んでも本当に心にくる。
喪失感だったりなんだったりが、心の奥底に溜まって1週間はそればっかり考えたりする。
特に自分にとって衝撃的だったのは「奇子」「アドルフに告ぐ」「きりひと讃歌」 
短編集では「時計仕掛けのりんご」が大好きでした。

▼続きを読む▼

A Beautiful Lie/30 Seconds to Mars 77点(音)

A Beautiful Lie/30 Seconds to Mars 77点
-------------------------------------

30mars.jpg

1. ATTACK
2. A Beautiful Lie
3. The Kill
4. Was It A Dream?
5. The Fantasy
6. SAVIOR -
7. FROM YESTERDAY
8. The Story
9. R-EVOLVE
10. A Modern Myth
11. Battle of One
12. Hunter

-----------------------------------
アメリカのエモ・バンド"30 Seconds to Mars"の2005年発表の2ndアルバム。
あまりこの界隈のバンドは自分で積極的に買いにいかないのですが、先輩に紹介されて結構よかったんで購入。
ぱっと聴いた感じは、Hoobastankとかそこら辺と似たものを感じましたが、まあそんな感じでした。

▼続きを読む▼

アニメ版新世界より・完結!/ネタバレなし(アニ)

121026_lisani_shinsekai03.jpg


新世界より(公式HP)

ということで、アニメ版の「新世界より」が完結しましたね。全25話。
長すぎとも詰め込みすぎともあまり感じず、ちょーどいい長さだった気がします。

▼続きを読む▼

zita

Author:zita
東京在住。音楽、読書、映画、ドラム、お絵かき、廃墟が好き。趣味は広く広くを目指して。好きなものは深く深くを目指して。