≪ 2014 01   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 -  2014 03 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

ぜんぶ雪のせいだ、はもう古い(戯)

なんでもかんでも「ぜんぶ雪のせいだ」で済ましたり、twitterで自分はこんなに雪でリア充してますとアピールしたり、そんな日本国民の芸のなさで

yuki.jpg

完全にYUKI様がお怒りになっているではないか。


もう、マジで。ちょっと本当にこれから「ぜんぶ雪のせいだ」を禁止します。これこっから先言ったやつは問答無用で聖ヴァレンティノと同じ目に合わせます。ていいますかなんかもう国民総動員JR SKISKIオープンマーケティングみたいになってっから。このままいくと上半期の流行語大賞だから。


などと冗談を言っている間に、

自分の地元の電車が止まって何十時間と客が隔離されたり
自分の実家のカーポートがつぶれたり
自分自身は気の迷いでオールして俄然帰れなくなったり


と、本当にろくでもない事になっています。ましてや今週水木も降るとか。もう本当にいい加減にしてください。会社が休みになるとかなら勿論大歓迎ですが。ああもう、全部雪のせいだ。

▼続きを読む▼

スポンサーサイト

Two/The Calling 82点(音)

Two/The Calling 82点(音)
--------------------------------------
thecalling.jpg

1. One By One
2. Our Lives
3. Things Will Go My Way
4. Chasing The Sun
5. Believing
6. Anything
7. If Only
8. Somebody Out There
9. Surrender
10. Dreaming In Red
11. Your Hope
---------------------------------------
1stはめちゃくちゃ売れたし、すごい有名だけどe2ndが泣かず飛ばずでそもそも出てたっけ?レベルのバンドってかなり世に多い気がするのですが、このThe Callingなんぞはその代表バンドの一つでしょう。

20歳にも満たない年齢で1stの"Camino Palmero"を作り上げ、全世界で200万枚以上、UKだけで30万枚以上を売り上げ特にアレックスのド半端ないグッドルッキンっぷりと、その甘い歌声が炸裂した"Whenever you will go"には全世界が(特に女性が)一発ノックアウト。知る人ぞ知るモダンロックバンドになる…かと思いきや続く2ndがまさかのKO負け。各レビューサイトでは酷評され、もしくはレビューすらほとんど見つからず、書かれてもシングルカットされた"Our Lives"が殆どという散々たる一発屋の名前を冠してしまったのでした。

あれ、そういえばアレックスって今どこで何やってんだ…というのも気になりつつ、いや待てそんなに酷評されているこのアルバム、そんな悪いっけ、という事でレビューでございます。モダンロックの紹介、めちゃくちゃ久しぶりですね。

▼続きを読む▼

プログレonクラッシック 第1章&第2章@東京芸術劇場(ラ)

9-2b.png

何とも柄にもないものを見に行ってしまいました。初めてかもしれない、クラッシックのコンサートです。前を通り過ぎることは何度もありつつ、中に入ったことはなかった池袋の東京芸術劇場のコンサートホールにて。プログレの名曲たちをクラッシックでカヴァーしまくりましょうという神企画でございました。

http://nandemoclassic.jp/programs/9-2.html

ちなみにラインナップはコチラ↓

▼続きを読む▼

悪魔の毒々モンスター・新世紀絶叫バトル!(映)

toxic4.jpg


(あらすじ)アメリカはニュージャージー州のトロマヴィル。メキシコを祝福中の高校におむつマフィアが乱入し暴れまくる。そこにテレビ局の突撃レポーターが駆けつけると、早々に煙を噴出し毒々モンスターに変身。我らがトロマヴィルのヒーロー毒々モンスターは華麗におむつマフィアを一掃する。しかしその時、おむつマフィアが仕掛けた爆弾が爆発してしまう。命からがら脱出した毒々モンスターだったが、彼の目の前に広がるのは悪が蔓延する世界であった。なんと爆発の弾みで2つのパラレルワールドが交差してしまい、善の毒々モンスターは悪のトロマヴィルへ飛ばされてしまったのだ。時同じくして善のトロマヴィルには悪の毒々モンスターが飛ばされ、平和な市民を惨殺しまくる。トロマビル市長は毒々モンスターを討伐すべく、新たなヒーローを手配するがほとんど役に立たない。

 善の毒々モンスターは悪のトロマヴィルを生き延び、なんとか元のトロマヴィルへと戻ってくるのだが、そこでは悪の毒々モンスターが徒党を組んで待ち構えていた・・・。

▼続きを読む▼

zita

Author:zita
東京在住。音楽、読書、映画、ドラム、お絵かき、廃墟が好き。趣味は広く広くを目指して。好きなものは深く深くを目指して。