≪ 2014 06   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2014 08 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

アラサーは荒野を目指す(戯)

arasa-.jpg

「アラサーちゃん 無修正」、第1話死ぬほど笑わせていただきました。期待していた通り。壇蜜と峰なゆかって、かなり最強のコンビですね。あとさりげなくみひろとか出てきて死ぬほどうざい役やってました。この時間帯、これの前の「アオノホノオ」も非常に面白いし、ああもう最近ドラマばかり。


▼続きを読む▼

スポンサーサイト

グランド・ブダペスト・ホテル(映/ネタバレ無し)

gurand.jpg

1932年、品格が漂うグランド・ブダペスト・ホテルを仕切る名コンシェルジュのグスタヴ・H(レイフ・ファインズ)は、究極のおもてなしを信条に大勢の顧客たちをもてなしていた。しかし、常連客のマダムD(ティルダ・スウィントン)が殺されたことでばく大な遺産争いに巻き込まれてしまう。グスタヴは信頼するベルボーイのゼロ(トニー・レヴォロリ)と一緒にホテルの威信を維持すべく、ヨーロッパ中を駆け巡り……。

---------------------------------
さりげなく見ました。ウェス・アンダーソンの新作。ウェス・アンダーソンって何か聴いたことあるなと思ったら、ついこないだ見に行って非常に面白かった「ムーンライズ・キングダム」の監督さんでした。最近イケイケなのでしょうか。こちらも大ヒットしてるみたいです。あと「ムーンライズ・キングダム」と同じように、キャストにとんでもない大御所がさりげなくまぎれこんでいますな。

今回は珍しく一人ではなく、元サークルの後輩に誘われて行きました。まったくサークル活動に真面目でなかったのにこうして卒業してから数年たっても趣味で誘ってくれるってのはうれしいもんですね。

▼続きを読む▼

武器人間(映)/ネタバレ無し

bukiningen.jpg

(あらすじ)
ナチスドイツとソ連が激闘を繰り広げている第2次世界大戦の東部戦線。ある任務を下されたソ連偵察部隊は、ナチスドイツの占領地域へと潜入する。やがて、彼らは古びた教会で大虐殺が行われた形跡を目の当たりにする。さらに教会を調べる彼らは、その地下に迷路のように張り巡らされた通路と研究室を見つけ出す。そこでは、フランケンシュタイン博士の末裔(まつえい)が不死身の武器人間を創造しようと、死体と機械をミックスするという禁断の行為に手を染めていた。(シネマトゥデイ)

http://bukiningen.com/


夏だ!ホラーだ!血みどろ祭りだ!

ということで、公開から気になりつつ映画館にはいけなかった当作品をDVDレンタルとほぼ同時に鑑賞。もうそもそも要素からして、

・ナチスのマッドサイエンティストによる狂気の人体実験
・ヴァリエーション豊かなクリーチャー(改造人間)たち
・地獄のような研究所で繰り広げられる死のおにごっこ


という管理人ホイホイすぎるものでござんして、更にはこの予告編↓



でござんすからね。そう、大山のぶ代でござんしてよ。なんでだよ!!!!全くその通りだ。なのですが、この映画まったくもってそれどころじゃないサプライズが合っちゃこっちゃに仕込まれておりますので、本当にこの程度で驚いていてはまだ早いのです。

▼続きを読む▼

エクソシスト・キルズ(映/ネタバレ有)

200x133.jpg


「マチェーテ」のダニー・トレホや「エクスペンダブルズ」「ダークナイト」のエリック・ロバーツらの出演で、悪魔に対抗するエクソシスト集団の戦いを描いたホラーアクション。神父であった父親を交通事故で亡くした青年ジェイソンは、父の死後、教会から遠ざかって生きてきた。しかし、ある時、地獄の将軍キャスダヤが、最強の悪魔ベルゼブブを地球に召喚するため、生けにえとなる人間の魂を集めているという驚くべき事実を知る。父の同僚だったディークメン神父によって、聖なる武器をもって戦うカトリック教会の秘密結社「THE CLOTH」のメンバーに選ばれたジェイソンは、人類の存続をかけた戦いに身を投じる。


-------------------------------------

夏だ!!ホラーだ!血しぶきだ!

ということで、うだるような暑さの中、地元のキネカ大森で「夏のホラー秘宝祭り」などという素敵なイベントが開かれてたのでひょひょいっと行ってきました。
こんなの↓

http://horror-hiho.com/

ちなみに「キネカ大森」外観はこんな感じ↓
IMG_2994.jpg

ああ、もう。あほだ。

▼続きを読む▼

zita

Author:zita
東京在住。音楽、読書、映画、ドラム、お絵かき、廃墟が好き。趣味は広く広くを目指して。好きなものは深く深くを目指して。