≪ 2015 12   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - -  2016 02 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

私を構成する○○シリーズ(戯)

twitterで流行っているみたいですね。「構成する」がよくわからんのですが、要は好きなもん9つ、ってことですよね。ブログに書けばそも読まなければいいじゃん、ってなると気づいたので、何ジャンルかやってみた。実はこういう、自分のことを見直す機会(すげえ昔だけどmixiで流行ったバトンみたいなもの)はそれなりに好きなのだ。

▼続きを読む▼

スポンサーサイト

インターステラー(映)/ネタバレ無

interstellar-featured-960x600.jpg

【あらすじ】
近未来、地球規模の食糧難と環境変化によって人類の滅亡のカウントダウンが進んでいた。そんな状況で、あるミッションの遂行者に元エンジニアの男が大抜てきされる。そのミッションとは、宇宙で新たに発見された未開地へ旅立つというものだった。地球に残さねばならない家族と人類滅亡の回避、二つの間で葛藤する男。悩み抜いた果てに、彼は家族に帰還を約束し、前人未到の新天地を目指すことを決意して宇宙船へと乗り込む。 (シネマトゥデイより)


公開決定した時、仕事が炎上しまくっててどうしても行くことが出来ず歯噛みしたことを覚えております。結果、今頃になってレンタルで見たのですが、なぜこれをアイマックスで見に行かなかったのか。なぜ毎度毎度、傑作にめぐり合うとこういう後悔を繰り返しているというのに学ばないのか。なぜ仕事などはあるのか。さあいますぐワームホールを見つけよう的、ここ近年のSFの中では群を抜いている、というかレベルが違いすぎてなんといっていいやらな珠玉の傑作でした。

▼続きを読む▼

リサ・トレヴァーを描いてみた(絵)

IMG_4643.jpg

原作:BIOHAZARD

【リサ・トレヴァーとは】
バイオハザードの洋館を設計したジョージ・トレヴァーの娘。
母親とともに幽閉され、何度もウィルスの投与実験を受ける。
繰り返し投与されたウィルスによって結果的に強力な生体兵器と化し、容貌が劇的に変化するが、実験体だった時の名残として全身を鎖や手錠などで拘束されたままになっている。
また日記のようなものを書いていたり、僅かながら言葉を発するなど、人としての知性の片鱗が見られる。
ウイルスの影響で見当意識が定まっておらず、全ての女性の顔が母親の顔に見えてしまうようである。
リサの意識の中では「顔はお母さんだが中身が違う」「顔を本当のお母さんへ返す」といった想いに支配され、結果として3人の女性研究員の顔を剥いでしまった。(その顔は自分の体に貼り付けている)
いかなる武器を使っても完全に止めを刺すことはできず、攻撃力がかなり高い強敵である。
攻撃を続けることで一時的に動きを止めることはできる(失神状態か)が、かなりの弾薬を必要とするので直接の戦闘は避けるのが賢明。最終的には洋館の自爆に巻き込まれて哀れな一生を終えている。


----------------------------------

非常に久しぶりな、ホラー映画ヒーローの模写でございます。といっても、鉛筆でささっと書いただけですが。なぜかインターステラーを見ながら書いていました。



▼続きを読む▼

スター・ウォーズ フォースの覚醒(映)/ネタバレ有

sw.jpg

【内容:公式サイトより抜粋】
『ジェダイの帰還』から約30年後を舞台に、フォースを巡る全く新しい“家族の愛と喪失の物語”が描かれる。
砂漠の惑星で家族を待ち続けている孤独なヒロイン、レイの運命は“ある出会い”によって一変することに…。
旧シリーズの不朽のキャラクターたちに加えて、重要なカギを握るドロイドBB-8、ストームトルーパーの脱走兵フィンなどが登場。世界中が注目する悪役は十字型のライトセーバーを操るカイロ・レン。

---------------------------------

実は管理人は、あくまでそれなりではありますが、「スター・ウォーズ」シリーズのファンであります。それなりといいつつ、EP1~3はほぼ公開日にすべて見に行き、パンフレットやスピンオフ小説等もあさっている事考えると、それなりのレベルにはなっているのではないでしょうか。ということで思いっきり年あけてますが、およそ1か月前に公開されたこの作品は、実はずっと楽しみにしており、会社の有給を取って見に行っておりました。ので、思いっきり間が空きましたが、レビューを下記に。例によってかなりひどいネタバレ有です。まだ公開中なのでいやな方はここでバック。

▼続きを読む▼

年始のご挨拶(戯)

すら、10日も経ってから行うという体たらくっぷりですいません。もうむしろスポンサーサイトすら画像の一部なんじゃねえかってくらいに更新が滞りまくっておりますがそれもこれもすべて子供と仕事のせいというわけではなくただただサボっているだけです実はわりかし暇ですすいません。なんとなく今年もやっていきたいと思いますので何卒よろしくお願い申し上げます。とりあえず新年の方でもと思いましたが。

20090114155527.jpg


▼続きを読む▼

zita

Author:zita
東京在住。音楽、読書、映画、ドラム、お絵かき、廃墟が好き。趣味は広く広くを目指して。好きなものは深く深くを目指して。