≪ 2016 02   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2016 04 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
2016年03月の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ドラえもん 新・のび太の日本誕生(映/アニ)/ネタバレ有


145001344034071187179.jpg

『ドラえもん 新・のび太の日本誕生』(ドラえもん しん のびたのにっぽんたんじょう)は、2016年3月5日に公開された日本のアニメ映画。映画ドラえもんシリーズ通算第36作(アニメ第2作2期シリーズ第11作)。キャッチコピーは『友情は、7万年の時をこえる。』、『パパは、20世紀の「日本誕生」を見た。僕は、21世紀の「日本誕生」を見る。』、『ドラえもん映画は、タイムマシンみたいだ。誰もが同い年になれる。』、『むかしむかし、日本をつくったのは勇気と友情でした。』、『ボクたちだけのひみつの日本(ばしょ)―』。

---------------------------------------

管理人が無類のドラえもん好きであることは何度か言っておりますが、そういうわけで旧作のリメイク版の映画は結局何だかんだ、必ず映画館に見に行ってしまっておりました。「宇宙開拓史」も、「大魔境」も、「鉄人兵団」も、正直どれもこれもすばらしい。自分は、ことリメイクに関しては、本当にオリジナルのドラえもんを好きな方がやってくれてると思っているので、基本的にはオリジナルの脚本の良さが根底にあることはわかりつつ、すべて評価しています。でも…でもですね…

▼続きを読む▼

スポンサーサイト

消された一家/豊田正義(本)

kesareta.jpg

七人もの人間が次々に殺されながら、一人の少女が警察に保護されるまで、その事件は闇の中に沈んでいた──。明るい人柄と巧みな弁舌で他人の家庭に入り込み、一家全員を監禁虐待によって奴隷同然にし、さらには恐怖感から家族同士を殺し合わせる。まさに鬼畜の所業を為した天才殺人鬼・松永太。人を喰らい続けた男の半生と戦慄すべき凶行の全貌を徹底取材。渾身の犯罪ノンフィクション。

-------------------------------------

※内容に過激な表現・グロテスクな表現を含みます。また、管理人の個人的な見解が大いに入っています。

▼続きを読む▼

zita

Author:zita
東京在住。音楽、読書、映画、ドラム、お絵かき、廃墟が好き。趣味は広く広くを目指して。好きなものは深く深くを目指して。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。