≪ 2017 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『リリィ・シュシュのすべて』

photo.jpg
T0000646.jpg


一部で神格化されている、岩井俊二監督の映画。

『スクラップ・ヘブン』と同じくらいか、下手したら無駄に延々長い分こちらのが盛大にはずしたかもしれない。語ることが何もないくらい、最低につまらなかった映画です。若かりし蒼井優が可愛いのが唯一の救いですね。


とにかくイライラするのは、暴力やら何やらかやらで自己中心的に人に迷惑を掛けまくってるヤンキーの、「おれ不幸なんです。悩んでるんです。」アピール。現実にもいますねこういう類の人間。そういうのを美化するこの風習はとまらないのだろうか。罪を許すのはあくまで加害者ではなく被害者の方なのに。だから人を殺した人間は、永遠に許されないのに。

---------------------------------------------------------
只今の一曲:Moonlapse Vertigo/OPETH
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする















zita

Author:zita
東京在住。音楽、読書、映画、ドラム、お絵かき、廃墟が好き。趣味は広く広くを目指して。好きなものは深く深くを目指して。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。