≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Hochzeit/Subway to Sally

Hochzeit/Subway to sally 83点
----------------------------------------------------------------------
1. Bses Erwachen
2. Rose im Wasser
3. Henkersbraut
4. Sabbat
5. Minne
6. Tag der Rache
7. Opfer
8. Ohne Liebe
9. Aufstand
10. Mde
-------------------------------------------------------------------------
ドイツの古楽メタルバンドSubway to sallyの’99年発表の6th.
ヴァッケンでオオトリを務めていたのですが、恥ずかしながら知らなかったのでそれを機に購入。

フォーキーなメロディに合わせてドイツ語で朗々と歌い上げるスタイルはトラッド・メタル、ヴァイキング・メタルなどにも通じる要素をもった「踊れる」メタルなのですが、その合間に時折なんともモダンなデジタルな要素を含んでいるのが非常に良いセンスですね。そこらへんの要素が少し違いますが、同郷のRammsteinを彷彿とさせる感触もあると思います。しかしサビメロのセンスの良さが何とも異常で、特に8.などは陽気なのにその反面寒々しいノスタルジーを感じさせる名メロだと思います。

ヴァイオリンやバグパイプなどもふんだんに使われ、とにかく古楽のフォーキーな要素と、モダンな要素を巧い融合に成功している数少ないバンドです。


My Favorite:8.
イントロから心が躍る。焚き火の周りで、木のジョッキにビールを注いで、さあ踊ろう。
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする















zita

Author:zita
東京在住。音楽、読書、映画、ドラム、お絵かき、廃墟が好き。趣味は広く広くを目指して。好きなものは深く深くを目指して。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。