≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Second Stage Turbine Blade/Coheed and Cambria 76点

Second Stage Turbine Blade/Coheed and Cambria  76点
------------------------------------------------------------------------
1. Second Stage Turbine Blade
2. Time Consumer
3. Devil in Jersey City
4. Everything Evil
5. Delirium Trigger
6. Hearshot Kid Disaster
7. 33
8. Junesong Provision
9. Neverender
10. God Send Conspirator
------------------------------------------------------------------------

アメリカ出身のプログレッシブ・スクリーモ・バンドによる2002年発表の1stフルレンスアルバム。
Secondなどとのたまっていますが1stです。この前来日していました。

Claudio Sanchez(vo)の書き上げた全3章にわたる、CoheedとCambriaという夫婦の物語がテーマになっている全三作にわたるストーリーの第一章らしいです。とはいえコンセプトアルバムだからといってそういうストーリー性を楽曲から感じるかというとそういうわけでもなく、ポップな歌モノの楽曲がずらりと並んでいます。

サンチェの見た目からは想像できない甘アマな激高音ヴォイスが、なんといってもバンドの特色でしょう。時折織り交ぜるシャウトを含め、その歌い上げ方はなんとも個性的で、ここで好き嫌いが分かれるといっても過言ではありません。ちなみに俺はもっさりはまりました。

前半は結構フックのついた楽曲が並んでて楽しませてもらえるのですが、後半に行くにつれて楽曲の彩りがだんだん薄れていくように感じますね。

My Favorite:2.
サンチェのきもかわいいヴォーカルが見事。
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする















zita

Author:zita
東京在住。音楽、読書、映画、ドラム、お絵かき、廃墟が好き。趣味は広く広くを目指して。好きなものは深く深くを目指して。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。