≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

頭をひねってゾッとしよう

少し考えないと分からない的な怖い話がものすごく好きなのですが(翔ちゃん、ジタバタしないの!系)文章にしないと難しいものもあるのでそういうのの最近のお気に入りを載せます。怖い話というよりブラックジョーク系です。

--------------------------------------------

僕らは海に行った。
砂浜で僕らは遊ぶ。
美紀が僕を砂に埋める。
僕は出して貰えるまで笑ってもがいてみせた。
次は彼女を埋める。
華奢な彼女はもがくことも出来ない。
僕は笑い、美紀の体の砂を払い、2人で手を繋いで砂浜を後にする。
簡易シャワーを2人で浴びる。
海岸は日が傾き、満ちてきた潮がオレンジに染まる。
僕は、僕の彼女の美紀に夕日をバックにキスをした。

--------------------------------------------

俺の部屋に彼女が遊びに来た時に、気が付いたら彼女が誰かにメールしてた。
『誰にしてんの?』って聞いても『ん?ちょっとね』って教えてくれない。
ムカ~っときて、『どーせ男じゃねーの?!』って怒鳴り気味に言ったら、
『○○○(俺の名前)だって、どーせ女からメール来てるんでしょ!!』
って逆切れしてきたから、
『はあ?俺がいつメールしてる?疑うんなら見ればいいじゃん!』って
ポケットから携帯出して彼女の前でこれ見よがしに開いてやったら、
こんな時に限って誰かからメール来てやがんの~~、、、、
内心、しまった~って思いながら、



『・・・・広告か何かだろ、、』ってメール開けたら、件名は『無題』。
本文が
『後ろを絶対見ないで!何も聞かないで!
このメール見たら私と急いで部屋を出て!!』


---------------------------------------------

今日風呂に入ろうとしたら本格的な温泉ぽい香りがしたので、母に「入浴剤替えたの?」と尋ねると、「そ、そうなのよ、今日特売で安かったから」というなんだかぎこちない返事が返ってきた。
しかしいざ入浴してみるとこれがなんとも気持ちがいい。体の芯から温まる。本当に温泉に浸かってるみたいだ。こんなものが特売だったなんて。
しばらく温泉気分を楽しんだ後、おもむろにボディソープを手にとる。・・・・・・・
手に違和感を覚えた。少しヒリヒリするような感じだ。そしてなにか嗅ぎ覚えのある臭い・・・・
小学校のトイレ掃除の時間が何年もの時空を越えていきなり鮮明に一瞬頭に現れた。
それと同時に、なぜか小6の修学旅行のときに行った箱根の大涌谷の映像も頭をかすめた。
臭い、手の感覚、バスルームの中の空気、頭の思考回路・・・すべてが異様であった。
そしてふと後ろを振り向くと、モザイクドアガラスのはるか向こうに、こちらをじっと伺う
ような黒いシルエットがゆらゆらと揺れているのであった。

---------------------------------------------

ある所にAさんがいた。
Aさんはある日、知らない男達にさらわれ、天井も床も壁もすべて鏡張りの部屋に閉じ込められてしまった。
鏡以外何もなく、すき間も全て塞がれており脱出は不可能だった。
Aさんは毎日衰えていく自分を見続けるしかなかった。
そして、そのうちに四方八方から視線を感じるようになっていき頭が狂うと思ったとき、救助隊がやってきた。
救助されたAさんは警察に包み隠さず全てを話した。

するとAさんは今度は精神病院に閉じ込められるようになってしまった。

---------------------------------------------
今日は、ゼミのレポートで徹夜だ!
やべぇよ、今までさぼってたツケがきちまったZE☆
とにかく、パソコンをフル稼働させてレポート書かなきゃ!

・・・と思ってたら、いつのまにかモニターの前で意識を失ってみたみたいだ。
時計は、午前2時。あと6時間で書き上げて大学行かなきゃな。

ん?・・・何だコレ?

f7h4d¥んw0qdんwt6とq^@くぇk

モニター上には、オレの書きかけのレポートに、意味不明の文が付け足されている。
これはアレだな、寝ぼけてオレが打ってしまったんだな。

書いている途中で目を覚ましたのか、スペースもエンターも押されていなかったようなので、「変な文章」とか思って、オレはエンターキーを押した。

そういえば、そろそろ喉が渇いたな。
確か、隣の部屋の冷蔵庫にジュースがあったっけ。

そう思ってオレは一旦手を休めて、何気なく後ろを振り向いた。

---------------------------------------------


どれもそんなに難しくないので分かりやすいかと思えます。二つ目とか、鎌男と同じ感じですね。こちらのが自分は好きですが。一つめは「潮が満ちて」ってとこが詩的で格好いい。一応一番下に解答を載せておきます。定期的にこういうの紹介していきたいですね。



「あの」都市伝説の映像があった!!大変だ!!ちなみにこの話知らない人はぜひ一番最後まで見てください。ちなみに「びっくり」系ではないのでご安心ください↓

http://www.youtube.com/watch?v=NDaJRLwCsJY






























☆ネタバレ★
一つ目→埋められた彼女は僕の元彼女。潮が満ちたことで美紀が「彼女」になった
二つ目→見たまま
三つ目→入浴剤=箱根の大涌谷・本格的温泉=硫黄、ボディソープ=手がヒリヒリ・トイレ掃除の匂い=酸性洗剤。混ぜるな危険
四つ目→「暗闇の山道で本を読む女」と同じ。隙間もないなら明かりもないので視線は感じない。
五つ目→ひらがな入力でどうぞ。
スポンサーサイト


この記事へのコメント

1つめ、最後の一文からロリコンの話かと思った。
>>白
それ二重の意味で怖い。姿を想像すると特に。ロリコン系で怖いの作れそうだから自作してみようかな。
この記事へコメントする















zita

Author:zita
東京在住。音楽、読書、映画、ドラム、お絵かき、廃墟が好き。趣味は広く広くを目指して。好きなものは深く深くを目指して。