≪ 2017 04   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2017 06 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

Deadwing/Porcupine Tree 90点

Deadwing/Porcupine Tree 90点
-----------------------------------------
1. Deadwing
2. Shallow
3. Lazarus
4. Halo
5. Arriving Somewhere But Not Here
6. Mellotron Scratch
7. Open Car
8. Start of Something Beautiful
9. Glass Arm Shattering
10.Shemovesdon

------------------------------------------

知的にして大胆、繊細にして破壊的・・・


世界のプログレッシヴ・ヘヴィロック界の至宝、Porcupine Treeによる2005年発表の通産13枚目。
現代のPink Floydやら、闇を払ったOpethやらと数々の通り名がありますが、その内訳はジャンル分けなど到底不可能な深遠なる音像世界です。捨て曲のなさ、あまりといえばあまりにすごい曲ごとのバラエティ、そのクオリティ、そして全てのパートの織りなす圧倒的な感動。すべてが完璧です。思い入れが強すぎて自分なんぞのゴミのようなレビューで汚すのが勿体ないのです。


AnekdotenのKareliaやPink FloydのHigh Hopesを思い起こさせるかのような美麗な浮遊感を漂わせるバラード3.10.や、OpethのThe Grand Conjurationのようなエッジの鋭さを持って突進する1.2などには脱帽。でも後半の展開がこれまた失神物の大曲5.も捨てがたいし、でもでも8.の後半のオルガンには泣かされたし…で捨て曲なんかありません。

The Moody BluesやCamelやAnekdotenやRiversideなどが好きな方は必聴。幽玄なメロトロンが心を七色に染める。
------------------------------------------
My Favorite:10.
後半のGavin Harrison(ds)の扇情的なプレイが圧巻!!

スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする















zita

Author:zita
東京在住。音楽、読書、映画、ドラム、お絵かき、廃墟が好き。趣味は広く広くを目指して。好きなものは深く深くを目指して。