≪ 2017 08   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017 10 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


西牧徹展「黒戯画源展」

世間がやれ井上雄彦だと騒いでいる中、銀座のヴァニラ画廊まで一人西牧徹展「黒戯画源展」 を見に行ってきた↓
http://www.vanilla-gallery.com/gallery/nishi/nishimaki3.html
そういえば銀座って行くの初めてですね。銀座童貞脱出がヴァニラ画廊ってのがなんとも。


OPETHの新作を聴きながら一人フェティッシュの世界に浸るのは何とも至上の快楽でした。
いまさらだけどオープニングパーティに行きたかったですわ。
屈折したフェティッシュってそこら辺で普通に社会生活を営んでいる人たちはおそらくはただの飲み会でのいじられネタ(そしてそういうのって大概は果てもなくうら寒い)くらいしか披露する機会がないけど、アーティストってこうやって存分に吐露できて、しかもそれが「アート」ということで認められるのがすごい。誰かが言っていたけれど、自分のウンコを写真に撮ってアートです。と名だたる人間がいえばそれも認められてしまう世界がもしかしたら存在する。


表現欲ってなんだろうとよく考える。結局のところそれはかまってちゃん・ナルシスト以外の何物でもないわけで。それがいきつくところまでいきつくと廃人になるかアーティストになるか廃人=アーティストになるかしか方法はないのでしょうかね。自分の底が見えてしまったアーティストなんてとても残酷だと思うのだけど。それならまだ飲み会のネタの方が大きい顔できそうだ。飲み会では個々人のフェティシズムの誇張や嘘なんて誰も咎めない。


俺の表現欲はどこへ行くのだろうとか考える毎日だけど、くだらない共感や同調・反発にいちいち一喜一憂しているような小人のかまってちゃんなんか、社会の糞でしかないのだろうな。とはいえやはりおおよそ理解されがたい欲求・特に好奇心をあくまで主観的な点とはいえ満たしてくれる何かしらの媒体にはやはり感謝するわけで。逆に釜の底をひと舐めしただけで、表現規制の必要性を高らかに説く人間はやはり軽蔑する。そういう人間こそ結果論でしか物事を語らない。語られない結果について思いを巡らせることもなく。


ヴァニラ画廊にはまた近いうちに訪れよう。すごくすごくすごく居心地がよかった。


「表現は所詮排泄だ」/The Backhorn
スポンサーサイト


この記事へのコメント

ヴァニラ画廊我も行ったよ。

最近の展示は沙村広明原画展から全部行ってます★
ヴァニラ画廊は素敵よねぇ。
画廊のお姉さん(コルセットしてる美人さん)も素敵だしww
>>もっちーさん
って事はホラー漫画家4人展も行ってらっしゃるわけですよね。。このギャラリーしったの最近だったんです。本当うらやましいです。俺もこれからは毎回行くようにしますw本当心が休まるので。。
この記事へコメントする















zita

Author:zita
東京在住。音楽、読書、映画、ドラム、お絵かき、廃墟が好き。趣味は広く広くを目指して。好きなものは深く深くを目指して。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。