≪ 2017 06   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2017 08 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

ゾンゲリア

DEADBURIED.jpg


ゾンビ映画の隠れた名作、「ゾンゲリア」のご紹介。
タイトルの安直さ、B級さに辟易しますが(「サンゲリア」に「ゾンビ」を組み合わせただけらしいです)内容はこれが超良質なサスペンス・ホラー。ちなみに現代は"Dead &Buried"で、「埋めるものと埋められるもの」となり、物語を考えると相当の良タイトルな気がします。なんで「ゾンゲリア」なのかなあ。

-------------------------------------

とってつけたようなあらすじ:
「小さく平和な村」ポッターズ・グラフにて旅行者のカメラマンが何者かに火をつけられ、重傷を負った。その事件を調査する保安官、ダンだったが、調査中に男は病院で何者かに殺されてしまう。謎の殺人事件・事故が相次ぐ中、ダンはその村の恐ろしい秘密に近づいていく。

-------------------------------------

という風にあらすじとしては「呪われた町」や「屍鬼」などに似ています。とりあえずゾンビ映画とは言いますが、登場するゾンビは知能を失ってもいないし、見た目腐乱してもいないし、人肉を捕食したりもしません。そういう点でゾンビ映画というよりサスペンスに近いですね。

設定が設定なだけに半ば予想できる展開ではありますが、それでも魅入ってしまいます。主人公・ダンの徐々に追い詰められていく様子、疲弊していく様子がなんとも見事。そして恐怖シーンは普通に怖いし、グロシーンは普通にグロいです。やっぱりこういう「閉鎖空間で蔓延していく恐怖、追いつめられる恐怖」ってのがめちゃくちゃに好きです。にしても冒頭でさっそく脱いでるゾンビ姉さんがものっすごい可愛い。眼球注射のシーンぞくぞくきた。



さりげなく脚本が奇跡のエイリアン・コンビだったんですねこれ。ダン・オバノンとか。道理でつぼなはずだ。ということでタイトルで損をしている映画です。哀愁漂う暗く冷たいサスペンス映画が好きな方は是非。結構じわじわきます。そしてラストシーンは必見です。ある有名な映画の元ネタになってたりします。

---------------------------------------
只今の一曲:ノーヒットノーラン/Bump of Chicken
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする















zita

Author:zita
東京在住。音楽、読書、映画、ドラム、お絵かき、廃墟が好き。趣味は広く広くを目指して。好きなものは深く深くを目指して。