≪ 2017 06   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2017 08 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

夏への扉/ロバート・A・ハインライン

E5A48FE381B8E381AEE68989.jpg

お気に入りのSF小説、ロバート・A・ハインラインによる「夏への扉(ハヤカワSF文庫)」のご紹介です。


背表紙のあらすじを抜粋↓

ぼくの飼っている猫のピートは、冬になるときまって夏への扉を探しはじめる。家に沢山あるドアのどれかが夏に通じていると信じているのだ。1970年12月3日、このぼくもまた夏への扉を探していた。最愛の恋人には裏切られ、仕事は取り上げられ、生命から二番目に大切な発明さえ騙しとられてしまったぼくの心は、12月の空同様に凍てついていたのだ! そんなぼくの心を冷凍睡眠保険がとらえたのだが……巨匠の傑作長篇

------------------------------------------

ということで、友人に裏切られ、くそったれビッチな女にもてあそばれ、すべてを失った不器用な主人公が「冷凍睡眠(コールドスリープ)」やらなんやらを駆使して運命に立ち向かう再生の物語です。時間跳躍の生き生きした描写が見事で、幾多の障害・妨害に立ち向かいながら運命の歯車を動かしていく様は問答無用で「これぞSFである!!」といえます。


主人公が「完全に善」とはいえない(なのに、だからこそ?応援したくなる)ので勧善懲悪物語とは必ずしも言えないのですが、愛すべき少女リッキィと愛猫ピートを只管求めて奮闘する姿はなんとも人間的であり、正統派冒険物語といえるでしょう。読後感のなんともいえない爽やかさが心地よいです。あと猫好きの方はよりたまらないと思います。


しかし"Hired Girl"を「文化女中器」と訳したのはどうなのだろうか…?
----------------------------------------
只今の一曲:Endzeit Elegy/Worship
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする















zita

Author:zita
東京在住。音楽、読書、映画、ドラム、お絵かき、廃墟が好き。趣味は広く広くを目指して。好きなものは深く深くを目指して。