≪ 2017 08   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017 10 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ネクロマンティック

B00005HTP2_09_LZZZZZZZ.jpg


「カルト映画はイタリアこそ至高」という自分の中での風説を完全にぶっ壊し、自分をドイツ文学部に導いたきっかけの一人である最高の大変態、ユルグ・ブットゲライト大先生の代表作「ネクロマンティック」がニコニコ動画で全部見れる件。大学一年かなんかの時にワゴンセールで手に入れて目玉のシーンがトラウマになった記憶がある。



ストーリーが破たんしすぎてて(いきなり女性が野外で放尿してるシーンから始まります)ネタバレもなにもあったもんじゃないのですが、簡単なあらすじとしては死体清掃業に勤める屍体愛好癖(ネクロフィリア)の男と、そのガールフレンド(こいつもネクロフィリア)がかっぱらってきた死体で遊びまくる話です。あらすじ終わり。

「SAWっていたいよね~あんなの見れな~い」だとか「シックスセンスとか怖~い」だとかほざいてるスイーツに時計仕掛けのオレンジのアレックスばりにエンドレスリピートしてやりたい映画です。ラストシーンの基地外っぷりが「心に焼きつく」といった点では芸術。


ちなみに本国ドイツでは公開と同時に上映禁止、マスターテープ没収、監督は監視下におかれていて新作を撮ることが出来ないとか。ユルグ先生の新作が見たいです。ちなみに日本では「死の王」「ネクロマンティック1,2」のボックスが発売されてます。あ、ちなみにネクロマンティック2の方が数段グロテスクです。

-------------------------------------------
只今の一曲:End of the World/Blackfield
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする















zita

Author:zita
東京在住。音楽、読書、映画、ドラム、お絵かき、廃墟が好き。趣味は広く広くを目指して。好きなものは深く深くを目指して。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。