≪ 2017 06   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2017 08 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

たったひとつの冴えたやりかた/ジェイムズ・ティプトリー・Jr

img_543418_13076299_0.jpg


「この作品を読み終える前にハンカチが欲しくならなかったら、あなたは人間ではない」とまで言わしめたジェイムズ・ティプトリー・Jr女史のSFの傑作。自分が人間でいられたのかいられなかったのかはとりあえずおいといて。


今作は異星人がヒューマンの物語を図書館で読んでいるという設定にて、はるか彼方の銀河にて繰り広げられる物語が3つ収録されています。誕生日にスペースクーペをプレゼントされ、憧れの宇宙へとでかけた少女の冒険を描く表題作、宇宙船の修理屋のような仕事をしていた男が偶然昔の恋人と出会う「グッドナイト・スイートハーツ」、そしてエイリアンとのファースト・コンタクト、宇宙戦争の火種の中心に遭遇したヒューマン達の姿を描く「衝突」の三篇。これらはそれぞれ独立した話ですが、浅野いにおの「素晴らしい世界」のように各々微妙なところでつながってたりします。


やはり特に素晴らしいのは表題作。最も簡潔かつ分かりやすく、少女の切ない決断を描ききっています。てことで裏表紙に書かれた表題作のあらすじ↓


「やった!これでようやく宇宙に行ける!16歳の誕生日に両親からプレゼントされた小型スペースクーペを改造し、連邦基地のチェックもすり抜けて、そばかす娘コーティーはあこがれの星空へ飛びたった。だが冷凍睡眠から覚めた彼女を、意外な驚きが待っていた。頭の中に、イーアというエイリアンが住みついてしまったのだ。ふたりは意気投合して<失われた植民地>探険にのりだすが、この脳寄生体には恐ろしい秘密があった・・・。」


ということで脳寄生体イーアとの友情を爽やかに描ききっています。表紙の少女マンガのような絵が途中にも挿入され、ある意味では想像を殺しますが、ある意味ではその切ない「たったひとつの冴えたやりかた」を決断する姿を読者に創造してくれます。

訳にてコーティの叫び声が「おおおおお」となってるのだけどうしても吹いてしまったのですが、それ以外は自らの理想の物語と言っていいでしょう。イーアがめちゃくちゃに可愛いです。しかし切ない終わり方だ。残り2篇も何度も読み返すに値する素晴らしい世界観です。表題作に比べると若干難解なんですけど。そして三篇の全てに共通して重要な役割を果たすのが「メッセージ・パイプ」と「冷凍睡眠」
であり、このような世界観を巧く設定しているからこその名作なんだなと感じました。


--------------------------------------------
どうでもいいけど作者の経歴がものすごい件↓
10歳でグラフィックアートを志す
16歳で個展を開くほどの腕前になるが、陸軍に入隊
その後ペンタゴン(米国防総省)に勤務、CIAにも勤務し、その後作家になる。
最期はアルツハイマーの夫をショットガンで撃ち、ご自身も自殺。

遺作がこの「たったひとつの冴えたやりかた」だと考えると、作品全体に漂う「生と死」のテーマがものすごく重いメッセージに思えてきてしまい、ますます切なくなります。作者が女性だと明るみに出たとき、SF界では相当の衝撃だったとか。


しかしこの邦題が見事すぎる。SFって邦題にすると素敵なものが多くてよいです。「世界の中心で愛を叫んだけもの」とか。プリンセスプリンセスの19GrowingUpにも「合言葉は”冴えたやりかた”」という歌詞が出てきており、いかにこの作品が広く世間に愛されてるかが分かります。



さらにどうでもいいのだけど、長門有希の100冊に紹介されてて嬉しかった件。他に「エンダーのゲーム」とかも確か入ってたし、こういうのをきっかけにしてSF好き増えないかな。最近の気候で夜公園の明かりで一人読書してるとすごいよい。ものすごいよい。
------------------------------------------
寝る前の一曲:A song for XX/浜崎あゆみ
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする















zita

Author:zita
東京在住。音楽、読書、映画、ドラム、お絵かき、廃墟が好き。趣味は広く広くを目指して。好きなものは深く深くを目指して。