≪ 2017 08   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017 10 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


星を継ぐもの

n4EeLaCpundrqqt7HJdzoppCo1_400.jpg


「月面で発見された真紅の宇宙服をまとった死体。だが綿密な調査の結果、驚くべき事実が判明する。死体はどの月面基地の所属でもなければ、ましてやこの世界の住人でもなかった。彼は五万年前に死亡していたのだ!一方、木星の衛星ガニメデで、地球の物ではない宇宙船の残骸が発見される。関連は? J・P・ホーガンがこの一作をもって現代ハードSFの巨星となった傑作長編!」



ということで非常に面白い作品であると問答無用で言えます。

あらすじにもあるとおり、専門用語や世界観は間違いなくSFなのですが、やってる事はミステリーです。月面で発見された人類としか思えない死体の正体について、彼の持ち物などから様々な立場の科学者が様々なデータから帰納的に推測する。これこそが真実だ!!と思えるものはなく、すべてどこかに穴がある。試行錯誤を繰り返しながら主人公達はあがき続けます。


圧巻は終盤です。衝撃に次ぐ衝撃。ダンチェッカーのぶちかますどんでん返しがすごい。本格ミステリーと言っていいかどうかはまた別なのですが、他のSFとは違うエクスタシーに満ち溢れています。なんせSFといいながら物語はほとんど研究所か会議室で起こってるっていう話なので、派手で豪快なアクションなどは皆無なのですが、それでも十分楽しめます。




…な筈なのですが、この壮大すぎる謎、今作では完結しません。次作『ガニメデの優しい巨人』に持ち越されます。このことを知らないで読んでしまったので、今ものすごいモヤモヤ状態です。最後の一文がもう、これだけだと物凄い矛盾があるんだよなあっていう。


あえてしばらく間を置いてから次作を読みたいと思います。
いやあえて、って手元になくて積み本が多いだけなんですが。
-----------------------------------------
只今の一曲:(untitled)/Absolute of Malignity
スポンサーサイト


この記事へのコメント

いやほんと、名作中の名作ですよこれは。

続編の二冊は、この最初の巻ほどの知的興奮を与えてくれるものでもないけど、読んで損はしないブツなので、手が空いたら是非お試しあれ。三作目のキメも圧巻ですぜ。
>>イタバシさん
J.P.ホーガンは初だったんですが、派手なアクションとかよりも自分には好みかもしれません。といいますかたまりません。そして今まさに手が空いて「ガニメデのやさしい巨人」読んでます。ガニメアンがああああ!!!!てな感じに。3作目まで全部手に入れたので週末には読破してしまいそうです。
この記事へコメントする















zita

Author:zita
東京在住。音楽、読書、映画、ドラム、お絵かき、廃墟が好き。趣味は広く広くを目指して。好きなものは深く深くを目指して。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。