≪ 2017 04   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2017 06 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

BlackfieldⅡ/Steven Willson 89点

BlackfieldⅡ/Steven Willson 89点
-------------------------------------------
1. Once
2. 1,000 People
3. Miss U
4. Christenings
5. This Killer
6. Epidemic
7. My Gift of Silence
8. Some Day
9. Where Is My Love?
10. End of the World
-----------------------------------------

プログレの師匠、ゆーきさんに紹介してもらったPorcupine Treeを率いる鬼才Steven Willson(vo/dt)のプロジェクトの一つ、Blackfieldの2nd.

完全にどつぼでした。自分が「プログレッシブ・ロック」というジャンルに求めるものが全てつまっているといっても過言ではない神作です。夜の公園で街灯の光と自分の影を見て物思いにふけりながら聴きたいような抒情的な音色にSteven Willsonの浮遊感を思わせる歌声がのるその世界観は、どこかノスタルジックで心を浄化させてくれます。

1.のサビのファルセットの部分、7.の美麗な鍵盤のメロディ、8.のサビとヴォーカルの絡み、3分20秒からの哀メロの飛翔感なんかは鳥肌が総立ちになりました。反面6.ではまさかのシャウトが聴けたりと、決して「メタル色」はないのですが、彼の音楽への挑戦心がものすごく迫ってきます。しかしやはりこの作品ではバラードが素晴らしい。そのどれもがPorcupine Treeの神曲LazarusやShesmovedonにも勝るとも劣らないとは。


恐るべしSteven Willson.他のも聴きこみます。この人、自分のFavoriteの一つであるOPETHのプロデュースなんかもやってるんですよね。この人がいなかったらOpethもPorcupine Treeもあの形ではこの世に存在しなかったとは。

----------------------------------------
My Favorite:1.
とにかくサビがやばい
スポンサーサイト


この記事へのコメント

気に入ってもらえてよかった
おれはWhere Is My Love?の穏やかな絶望感が好きです

Wilson先生関連の作品は超膨大なうえ(700枚ぐらい)
入手方法がよくわからないのが難点

まぁそれだけ追求し甲斐があるということですが

とりあえず9月発売のPORCUPINE新譜が楽しみだね
>>ゆーきさん
いやはやこんな素晴らしいものを紹介していただき本当ありがたい限りです。自分でも調べまくったんですが、まさにその超膨大さに手をこまねいている状況で、とにかく見つけ次第手当たり次第に手に入れるのが地道な方法だろうと思いいたりました。新譜も楽しみです。
この記事へコメントする















zita

Author:zita
東京在住。音楽、読書、映画、ドラム、お絵かき、廃墟が好き。趣味は広く広くを目指して。好きなものは深く深くを目指して。