≪ 2017 08   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017 10 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


さあ、ゾンビの話をしよう

※オリジナルの「ゾンビ」に関して壮大なネタバレがあるので、未見の方で嫌な方はここでばっく
































--------------------------------------------

zombies.jpg

1980年にテレビ東京で公開された悪名高き『ゾンビ』の深沢哲也版を見たのですが、つっこみどころがありすぎてまいりました。まずタイトルからして


「衝撃SFサスペンス ゾンビ 地球SOS 死者がよみがえった日」

ですからね。そうか、ゾンビはSFサスペンスだったのか。ほうほう。
ということでなんかCM前に挟まれるタイトルだとか、随所に現れるプロットだとかが昔のウルトラマンをはじめとした特撮ものみたいな感じになっててもはやホラーではなくなってます。


それより最高なのがストーリーの勝手な改変と吹き替えのあほっぷりでしょうか。「惑星イオスが爆発したために死者がよみがえった」…オリジナルにこんなSFちっくな設定ありましたっけ。ロメロてなんでゾンビがゾンビになっているのか分からないのが不気味で好きな筈だったんですが。ほかにもずびずば適当な改悪がなされています。すげえよこれ。ダッシュゾンビとかが可愛く思える。

で、日本語吹き替えがとにかく最高です。オリジナルではイケメンな筈だったピーターとかえらいことになってます。


「わ、じじいはいってきた!!」
「気持ち悪いなこいつ!!」


をはじめとした何一つ緊張感のないセリフ陣に、きわめつけがラストの
「子供を産める場所を探さなきゃな」
「ええ」
「まかしとき!」


「まかしとき!」て。壮大に吹いた。そして127分あったはずのオリジナルが90分にまで圧縮されています。鋭い方は気づいたでしょうけど、グロテスクな場面がことごとく削除されているわけです。しかしカットしすぎて物語上重要なシーンまでオールカットなんてこともあってこれではじめて「ゾンビ」を見る人は意味不明だったのではないでしょうか。オリジナル見た筈の自分もさっぱりな個所があったって言う。ヘリでの移動シーンカットしてどうすんだよ…



ホラー映画を地上放映できない理由がなんとなくわかりました。これは間違いなく初見殺しだ。オリジナル知ってる人間がギャグとして楽しむ分にはいいけど。

-------------------------------------------------

そしてゾンビ世界における終身名誉会長A.ロメロ先生の「サバイバル・オヴ・ザ・デッド(Island of the Dead)」が楽しみすぎるのである。




あらすじ↓

「北アメリカの沿岸にある小さな離島で死者が蘇り、人間を襲いはじめる。しかし、島民は、かつて自分が愛した者たちを再び殺すことができない。彼らに反抗してゾンビを狩った男は、友人や隣人を殺したとして島から追放されてしまう。本土に渡った男は、生存者のグループと合流し、ゾンビの襲撃を辛うじてかわしながら新しい生活を築くためのオアシスを探す。一行はゾンビで溢れるフェリーに乗り込んで島に上陸するが、そこでは恐ろしいことが起きていた。島民はゾンビを鎖につないで家に置き、血まみれになりながらも普段通りを装って生活していたのだ。」


島民はゾンビを鎖につないで家に置き、血まみれになりながらも普段通りを装って生活していたのだ。

島民はゾンビを鎖につないで家に置き、血まみれになりながらも普段通りを装って生活していたのだ。

島民はゾンビを鎖につないで家に置き、血まみれになりながらも普段通りを装って生活していたのだ。



こ、これは…

まるっきり某ゾンビコメディ○○・オヴ・ザ・デッドの1シーンではないか!!

彼なりの敬意の現れなんでしょかね。もしくは何も考えてなかった偶然の一致とも考えられる。そもそもロメロ先生の作品について偉そうに語ってる類の奴は99%が後付けです。なぜなら本人は本当に適当だから。



このあらすじ見る感じ更に人間ドラマ色が増大してそうですね。離島ってとこから「サンゲリア」のような土着的なじめっとした匂いが出来上がってるのかもしれない。「ダイアリー~」は残念ながら既存のゾンビ物の焼き直しって感じで目新しいところが特になかったので(POV手法とか今更だし)今回はぜひ彼にしか作れない死者たちの世界を見せてほしいものです。グロテスク度は「ランド~」くらいまで、もしくはそれ以上くらいまであげていただいて。


↓こっからメイキング映像、プロモーション映像なんかも見れます。

http://blog.livedoor.jp/zombie_tecyo/archives/1084881.html



しかしロメロ先生、三部作から「ランド~」の公開までは20年もかかってたのに最近はやたらゾンビものに活発にとりくんでますね。ろうそくの最後のなんとやらって奴でしょうか。B級にもなりきれない、なんの面白みもねえ「~オヴ・ザ・デッド」の亜流版が数多に存在している現代で、ぜひ死ぬまで、いや死んでもゾンビとなって「~オヴ・ザ・デッド」を生み出し続けてほしいものです。

----------------------------------------------
只今の一曲:Hermodr on a Journey/Burzum
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする















zita

Author:zita
東京在住。音楽、読書、映画、ドラム、お絵かき、廃墟が好き。趣味は広く広くを目指して。好きなものは深く深くを目指して。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。