≪ 2017 08   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017 10 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


どろろ/手塚治虫

41QfM0lRWAL.jpg


「僕だって妖怪漫画は描けるんだよ」と水木しげるに言い放ったという、手塚治虫氏による戦国時代の妖怪物語。父親の野望により体中の48箇所を妖怪に奪われ、ヒルコとして生まれ落ちた百鬼丸が自らの体を奪い返すために妖怪と闘います。タイトルの「どろろ」とは、その百鬼丸と出会い、行動を共にする盗人小僧のこと。

--------------------------------------------


近年の手塚ブームにのってかのらずか、妻夫木と柴咲というあれなキャストで映画化したりだとか、ヤングチャンピオンにて「どろろ梵」というリメイクが連載中であるとか、なにげに話題になってますが、実は原作は本当に残念なことながら打ち切りを食らった未完の作品となっています。正直かなりの尻切れトンボっぷりで、まさに打ち切りと言った感じです。秋田文庫でたった3巻でそろえられます。



設定は多少グロテスクとはいえ子供がわくわくするに相応しい素晴らしいものだと思うし、百鬼丸はとにかく格好いいし、なのに打ち切りを食らったのはやはりその根本から貫かれているバトル漫画とは思えないほどの暗さ、すっきりしなささのせいなのでしょうか。そんなこといったら「デビルマン」はどうなるんだって話なんですが。




ということで氏にしては珍しい直線的バトル漫画です。バトル漫画とはいえ近年のように技名叫んで「ドン!」みたいなのは一切ありませんが。とにかく百鬼丸が滅茶苦茶に格好よいです。剣心じゃないですけどちょっと強すぎて単体の妖怪とかましてや侍なんかじゃ全然相手になってないあたりが面白いんですが。そんな彼が自分を慕うどろろを最初は突き放そうとするけどでも心の底では大事に思っていて…という、これまたとても直線的な人間ドラマも描かれてます。村人から迫害されて追い出された雨の日に、どろろがただ一人孤独な百鬼丸についていくシーンは少年漫画史上屈指の名シーン。




ちなみに、ヒルコだった百鬼丸に義手義足などを与えて一人前の武士に育て上げる寿海という医者が登場するのですが、これもろブラックジャックとピノコの関係です。ここからも氏がいかに百鬼丸というキャラクターを愛していたかが分かります。繰り返しになるけど、打ち切りが残念でならない。一応当時のアニメでは完結しているのでそちらを見て自分を納得させましたが。やはり最後の妖怪はあいつだったかー…本当最後まですっきりしないというかなんというか笑。しかし映画とかリメイクとかは怖くて見れない。


確かブラック・ジャックに足の不自由な子供がなんかの坂を踏破するのをブラックジャックが決して手助けしないででもずっと見守って、みたいな話があった気がします。それこそが人間の強さ、本当のやさしさなんだなあと小学生の頃に思った記憶があるのですが、この「どろろ」では全編にわたってそれがにじみ出ている気がします。戦国の地獄のような時代に生まれ落ちた百鬼丸とどろろ。自分なんかより全然幼い彼らが力強く生きていく様。否が応にもわくわくします。これを漫画といわずして、何を漫画というのでしょうか。
---------------------------------------------
只今の一曲:This Day we fight!/Megadeth
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする















zita

Author:zita
東京在住。音楽、読書、映画、ドラム、お絵かき、廃墟が好き。趣味は広く広くを目指して。好きなものは深く深くを目指して。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。