≪ 2017 04   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2017 06 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

カールじいさんの空飛ぶ家(アニ)

c6eeadf4.jpg

(あらすじ)冒険好きな少年カールは1軒の空き家で少女エリーと”伝説の場所”パラダイス・フォールについて語り合い、いつかそこに行こうと約束する。成人した二人は結婚し、夢を語り合った空き家を新居とした。二人の間に子供は授からなかったものの、夫婦の時間を楽しみ共に幸せに生きてきたが、妻は幼い日にパラダイス・フォールのスクラップを集めて作った「わたしの冒険ブック」を託して先立ってしまう。

孤独の身となってしまったカールは、妻と約束したパラダイス・フォールへ行くため、2万個もの風船を家に結びつけ旅に出る。


-----------------------------------------------------

という「ピクサー初の3Dアニメ」を見てまいりました。ピクサー作品て実は「カーズ」しか見てないのでこれが二本目ということになりますね。


結論から言うと見事に期待はずれでした。期待しすぎたということもありますが。
宮崎駿が「冒頭の追憶シーンで満足してしまいました」と書いてましたが、これが見事に悪い意味に働いて、「冒頭の追憶シーンしかよくない」という代表的な作品となってしまっています。冒頭のエリーの死のシーンは最高です。といいますかエリーのキャラクターが本当に最高なんです。気が強く、冒険好きな女の子。そんな子に振り回されてばかりの若きカール。そのエリーの死のシーン…カールがさびしそうに紙飛行機を飛ばすシーンで既に来ました。



時は飛んで独り身となったカールの話になります。周辺の都市開発が進み、エリーとの思い出の家を立ち退かざるを得ない状況へとカール爺さんは追い込まれていきます。よってカールはエリーとの約束の地へ、幻の滝へと家ごと向かうことを実行します。


なのですが、その幻の滝へとたどり着くまでの冒険の話かと思いきや、実は一瞬でたどり着きます。この映画、「空飛ぶ家」と言っておきながら、空、全然飛んでません。ゆえに、「3D」(=立体)である必要も正直あまりありません。風船がぶわっと舞い上がり、家が飛び上がるシーンはすごいよいと思ったのですが。

そして一瞬で幻の滝へとついたのですが、滝は崖の向こう側だったので、その家を微妙に浮かせたうえで背負って歩いてそちらへと向かうことになります。この映画、大半がこの家を背負ってる爺さんの家なので、この家完全に邪魔ものになっちゃってます。まあそれは後々の伏線だったぽいですが。


で、なぜかついてきちゃったボーイスカウトのラッセルと幻の滝付近でいろんな冒険をするのですが、これがもう本当につまらなくてつまらなくて。とにかく自分がこの映画に求めてるものと悉くかけ離れていました。何かハリウッドのアクション映画みたいにあってたぞ。

あとはもうとにかくラッセルがうざすぎます。死ぬほどうざいです顔もキャラも。何回死ねよと思ったかわかりません。エリーのキャラクターが良すぎるだけに、相対的に残念すぎる…。そして「空飛ぶ家」という題名ながらこの家が飛んでる意味も正直あまりなかったんですね。エンディングも何か釈然としないし。うー…。

----------------------------------------------------

ということで、設定の矛盾点をあげる気にもならないほど満足度の低い作品となってしまいました。「カーズ」は結構感動で来たのですが。冒頭のシーンだけ、以前テレビでもやってたらしいし、見れればそれでいいと思います。ただ映画の冒頭に流れる同時上映の短編アニメ「晴れときどきくもり」はむしろすごくよいです。3Dも活用できてたし。



今年のワースト映画はこれか「ハリー・ポッターと謎のプリンス」ですね。

----------------------------------------------------
只今の一曲:Knights of Cydnia/Muse(BBC LIVE)
追加公演ができるらしいのでずっと電話かけてたのですが全くつながらず、つながったと思ったら埋まってました。残念すぎる。
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする















zita

Author:zita
東京在住。音楽、読書、映画、ドラム、お絵かき、廃墟が好き。趣味は広く広くを目指して。好きなものは深く深くを目指して。