≪ 2017 04   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2017 06 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

ガタカ(映画)

83K835E83J.jpg

あらすじ:
遺伝子工学が進歩した近未来。DNA操作によって生まれ、優れた能力を持つ者を「適正者」、自然分娩で生まれた者を「不適正者」とし、社会は遺伝子の優劣で人間の才能を判断していた。ビンセントは自然分娩で生まれた、いわゆる不適正者で、適正者である優れた弟との能力の差を幼い頃から感じていた。やがてビンセントは、遺伝子的に優秀な人材のみ選出される宇宙飛行士を夢見る。到底叶わぬ夢と思われたが、ある決意を胸にDNAブローカーのもとを訪れる。

-------------------------------------------

という97年のアメリカの近未来SF映画です。
「遺伝子」がすべてに優先し、それに劣るものはどんなに努力しても決して上には行けない…
近い将来あり得ないとは言えない、藤子F不二雄にも通じるような世界が舞台において、
その真理に立ち向かった男の物語です。



自信を持って言います。まだ見てない方は何も言わずに見てください。
これほどの傑作はそう簡単には生まれません。静かな感動と確かな勇気をもらえます。
ラストシーンの後、しばらく目を閉じて、誰とも話さないで、余韻に浸る…
ど派手なシーンや衝撃的な映像とかはありませんが、本当に心を揺さぶられる、数少ない作品です。
緻密に張り巡らされた伏線が徐々に紐解かれていく様も素晴らしい。



適正者、不適正者…生まれた時から決まっている絶対的な才能、差異。
そこに嘆いて何もせずに座り込むのか。それともビンセントのように泳ぐのか。
そんな事を考えさせられる、素晴らしいラストシーンでした。




前から思ってたんですが、本当に感動すると、何も語れなくなりますね。
本当に好きな物ってのは人と語らず、心の中で大切にしまっておくのがいいのかもしれない。
----------------------------------------------
只今の一曲:Eradication Of The Condition/Silencer
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする















zita

Author:zita
東京在住。音楽、読書、映画、ドラム、お絵かき、廃墟が好き。趣味は広く広くを目指して。好きなものは深く深くを目指して。