≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ACIDMAN"A beautiful greed tour"@武道館 12/22(ラ)

ACIDMANの"A beautiful greed"のツアー千秋楽を鑑賞しに、武道館へ行ってまいりました。

09-12-22_16-19.jpg


はりきったら早く着きすぎてしまって、1時間半も北の丸公園を散歩してました。
夕焼けに染まる公園を人混みから離れて歩いて、とてもとても気持ち良くて、ああ「季節の灯」でも聴きたいぞっていうそういう時に限ってmp3が電池切れになる。そんなに寒くなくて助かった。



ちなみに席は1F指定席、西ブロックでした。
ということでセットリスト↓

-------------------------------------------------
・(SE)~±0 ★★☆☆☆
・world symphony ★★☆☆☆
・who are you? ★★★☆☆
・Bright&Right ☆☆☆☆☆
・FREE STAR ★★★★☆

・MC
・Color of the Wind ★★☆☆☆
・スロウレイン ★★★★☆
・星のひとひら ★★★★☆
・ファンタジア ★★★☆☆
・銀河の街(acoustic.ver) ★★☆☆☆
・ucess. ☆☆☆☆☆
・Slow View ★☆☆☆☆
・HUM ☆☆☆☆☆

・MC
・I stand free ★★★☆☆
・Under the rain ★★★☆☆
・CARVE WITH THE SENSE ★★☆☆☆
・造花が笑う ★★★★★
・飛光 ★★★★☆

・MC
・over ★★☆☆☆

【Encore.1】
・赤燈 ★★★★☆
・ある証明 ★★★★★
・Your song ★★★☆☆
【Encore.2】
・廻る、巡る、その核へ ★★☆☆☆

------------------------------------------------

楽しかった…!!
はっきりいって序盤~中盤はセットリストがあれすぎて、あまりあれだなと思ってたのですが(特に銀河の街から立て続けに4曲そんなに好きでもない静かな曲が続いちゃったときは会場自体も盛り下がってた気がした)後半の往年のキラー・チューン連発にやられました。

しかし残念だったのが、「OVER」の手拍子でしょうか。「リピート」でも思ったのだけど、なんであんなに素晴らしい曲で手拍子を煽るのか。「OVER」は本当に今年一番好きな曲だっただけに、それがひたすら残念でした。オーケストレーションの参入とか、めちゃくちゃに熱い展開だったのに。あと、その前に大木さんが珍しく饒舌に自らの死生観を、"OVER"という曲がどういう意味を持ち、どのような意味にとらえて日々を生きていってほしいかを一生懸命伝えてる様に、少し胸が熱くなりました。しかし肝心の彼の死生観は自らの抱くものとは根本的に違うんだ。


「造花が笑う」「飛光」「ある証明」などでは下のアリーナ席でモッシュ、ダイブの嵐が起きておりひたすらに羨ましかったです。スタンド席も盛り上がってましたが…次は絶対アリーナ席をゲットしたいと思いました。

何回も何十回も見てきた武道館の「ある証明」をこのたび生で見れて、本当に感無量です。いやアンコールで「赤橙」だった時、まさかやらないのかと思ってたので。間奏部分からの煽り部分のレベルアップは今回は2くらいだったかな。






そして今回は武道館ということで、プロジェクターに映し出される映像が大きくフィーチャーされていました。
印象的だったのが「ファンタジア」「HUM」「廻る、巡る、その核へ」あたりでしょうか。
特に「廻る、巡る、その核へ」は実に11分以上の大曲な上に、見てる側は微動だにできないようなノリの曲だったので、「ある証明」も「Your Song」もやってしまった後、まさかのこれで締めって事に会場のどよめきがすごかったです。ていいますか披露されたの4年以上ぶりじゃないのかこれ。


しかしそれが近年のACIDMANのテーマなのかもしれないですね。

個人的にはこれらの曲自体がそこまで好きでないのですが、とにかく映像が美麗だった上に演出が素晴らしく、十分に楽しめました。普通なら「ある証明」で様式美的に盛り上げて終わりなところを、あえてこうやって挑戦していくその姿は、来年へも更に期待が持てるものだったと間違いなく言えます。映像は自然破壊をテーマにしたような、後半の「赤」がひたすらに印象的でした。あれは言葉じゃ伝えられない。


イチゴ(これ本当にみんな表記戻すのかな)さんいじりのMCも大いに笑わせていただいたわけだけど、とりあえず長いのでこの辺で。来年の活動にも期待しています。



あと会場で芸能人何人か見ました。ことごとく名前わからないのですが。
ていいますか演奏面何も感想書いてないな。大木さん声でてました。一悟さん走りまくってました。
-----------------------------------------------
My Favorite:ある証明


↑レベルMAXまでいった「ある証明」
文化祭でカヴァーしましたが、こんなにたたいてて楽しい曲もない。
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする















zita

Author:zita
東京在住。音楽、読書、映画、ドラム、お絵かき、廃墟が好き。趣味は広く広くを目指して。好きなものは深く深くを目指して。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。