≪ 2017 08   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017 10 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Souvenirs d'un'autre'monde/Alcest 90点(音)

Souvenirs d'un'autre'monde/Alcest 90点
--------------------------------------------------
51sEnlTKczL__SL500_AA240_.jpg

1.Printemps emeraude
2.Souvenirs d'un'autre'monde
3.Les Iris
4.Ciel errant
5.Sur l'autre rive je t'attendrai
6.Tir Nan Og
--------------------------------------------------

2007年発表のNeige氏による男女デュオ・フランス産シューゲイザーバンド、Alcestのデビュー作。


…素晴らしい!!

この季節にぴったりな、公園で寒空のもと自分の吐く白い息を見ながら浸りたい音楽にこれほど適している音楽があるでしょうか。「幼少期の頃の純粋な自分を体現したかった」とNeige氏自身が語っている通り、幽玄で掠れた透明感のある空気に身をゆだねていると一瞬この世界に汚いことなんて何もないんだ人間は許されているんだ(by最終兵器彼女)的な事を感じながら、目を開けて現実を見据えてまたため息に満たされるような、そういう意味では残酷なサウンドですね。何が言いたいのか途中からわからなくなった。


アコースティックギターやトレモロギターなど多種多様な音色が用いられる中にCamelの1stやAnekdotenのヴォーカルをさらに希釈させてそこに一粒砂を混ぜたみたいな、非常に浮遊感のありつつほんの微妙のかすれ声がたまらないヴォーカルがのります。その透明感と更にフランス語という意味の一切わからない言語のため、楽器陣の上に非常に巧く乗っかっており、何か楽器みたいです。


ところでシューゲイザーというジャンルは一切知らないのですが(My bloody Valentineだけ少し聴いたことありますが)これはそういう位置づけでよいのでしょうか。Neige氏は別プロジェクトではがっつりとしたブラックメタルをやってるのですが、この作品に至ってはブラックメタルの要素は一切感じませんね。しかしPeste Noireをそういう点で聞くと、非常にメロウかつメランコリックなフレーズの数々はまさにAlcestと共通するものがあり、あちらを完全に純化させた存在がこれなのかと思います。SlipknotとStone Sourみたいなものなのかもしれない。



今年出る2ndフルレンスを楽しみにします。Amesoeurs復活しないかな。
---------------------------------------------
My Favorite:1.(YouTube)
途中から2ビートになり、ヴォーカルが扇情的に舞い上がる瞬間がもう…!!このつべにはFrench black metalって書いてあるな。

あと3.(YouTube)も素晴らしい。1.が舞い上がるイメージなのに対して、こちらは沈むイメージ。
スポンサーサイト


この記事へのコメント

このアルバムが気に入ったならとりあえずslowdiveを聴くことをお勧めします。

Slowdive - When the Sun Hits
http://www.youtube.com/watch?v=BwUdO2B9x1U
>>kanazawa
これたまらないね!!シューゲイザー本当に知らないのだけどあさってみたくなる。その際に色々教えてくれるとうれしいっす。そしてAlcest新譜楽しみすぎる。
この記事へコメントする















zita

Author:zita
東京在住。音楽、読書、映画、ドラム、お絵かき、廃墟が好き。趣味は広く広くを目指して。好きなものは深く深くを目指して。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。