≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Hurtbreak Wonderland/World's end Girlfriend 93点

Hurtbreak Wonderland/World's end Girlfriend 93点
--------------------------------------------------------
1.Wandering / 流浪
2.Birthday resistance / 誕生日抵抗日
3.100 years of choke / 百年の窒息
4.Grass ark / 草の方舟
5.Ghost of a horse under the chandelier / シャンデリアの下の馬の幽霊
6.The octuple personality and eleven crows / 8重人格と11羽のカラス
7.Breath or castle ballad / コルチャックと亡命
※8.Bless yourself bleed / エレウシスの出血
9.Dance for borderline miscanthus / 境界線上のススキ
10.River was filled with stories / 水の線路

-------------------------------------------------------------

エレクトロニカ・ポストロックアーティストの'07年発表の作品。
個人的'07年度ベストアルバムの一つ。一つっていうのは他にどんなのが出たのかあまり覚えていないからだ。

やりすぎなほどのバンド名、曲名がむしろ気恥ずかしくなってしまうけども、そんなのが関係ないくらいに、そこに存在するのは聴き手に劇的すぎて痛みすら知覚させてしまうほどのノスタルジー。多彩な音色の混ざり合い、交差による物語。童話。Soundscapeっていうのはこういうものをさすのでしょうか。全10曲で80分を超えますが、時間とかもはや個々の楽曲とか関係ない程の完成度の高さです。静と動。破壊と再生。死と誕生。それがあまりにも突然で、でも穏やかで、だから聴くには本当覚悟が必要です。

My Favorite:8.
鳥肌が止まらない。死んでしまうよ。

★World's end Girlfriendを知る切欠になった映画の予告編を置いておきます。音楽と映画の世界観が合いすぎててびびったんです。
トレーラーがすでに結構な完成度↓
http://jp.youtube.com/watch?v=Sc15xw671Os
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする















zita

Author:zita
東京在住。音楽、読書、映画、ドラム、お絵かき、廃墟が好き。趣味は広く広くを目指して。好きなものは深く深くを目指して。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。