≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


麦の海に沈む果実/恩田陸(本)

muginouminisizumukajitu.jpg

三月以外の転入生は破滅をもたらすといわれる全寮制の学園。二月最後の日に来た理瀬の心は揺らめく。閉ざされたコンサート会場や湿原から失踪した生徒たち。生徒を集め交霊会を開く校長。図書館から消えたいわくつきの本。理瀬が迷いこんだ「三月の国」の秘密とは?この世の「不思議」でいっぱいの物語。(BOOKデータベース)

---------------------------------------------------

ということで恩田陸の「麦の海に沈む果実」を読了。恩田陸はこれで「六番目の小夜子」「ユージニア」「光の帝国」「ネバーランド」「夜のピクニック」「月の裏側」と読みました。結構読んだな。しかし肝心の本書とつながりのあるシリーズは読んでないんですけどね。

とはいえ本作と繋がりのある「黒と茶の幻想」や「三月は深き紅の淵を」は既に持ってるので早く読みます。あと「黄昏の百合の骨」も早く読みたいと考えています。すごく…多いです。


と言う事で「ノスタルジーの紡ぎ手」(なんだこの呼び名)恩田陸の本書のご紹介です。ネタバレはなしです。

▼続きを読む▼

この記事へのコメント

この記事へコメントする















zita

Author:zita
東京在住。音楽、読書、映画、ドラム、お絵かき、廃墟が好き。趣味は広く広くを目指して。好きなものは深く深くを目指して。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。