≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Good Apollo I'm Burning Star IV/Coheed and Cambria 86点

Good Apollo I'm Burning Star IV/Coheed and Cambria 86点
-----------------------------------------------
1. Keeping the Blade
2. Always & Never
3. Welcome Home
4. Ten Speed (Of God's Blood & Burial)
5. Crossing the Frame
6. Apollo I: The Writing Writer
7. Once Upon Your Dead Body
8. Wake Up
9. Suffering
10. Lying Lies & Dirty Secrets of Miss Erica Court
11. Mother May I
12. Willing Well I: Fuel for the Feeding End
13. Willing Well II: From Fear Through the Eyes of Madness
14. Willing Well III: Apollo II: The Telling Truth
15. Willing Well IV: The Final Cut
-----------------------------------------------

'05年発表の3rdフルレンス。

名盤です。1stの時に衝撃度は強いけども、飽きが来るのが早いかなどと思っていましたが今作ではよりプログレッシブな展開に磨きをかけたその演奏は緊張感を増し、しかしClaudio Sanchez(vo)の歌い上げるキャッチーなサビにはこれでもかというくらいの叙情味がこめられています。

1.から3.への流れなどはもうやばい。後半に言っても絶品バラード8,軽快なポップチューン9.に、さらにラストの組曲4連発はもはや感涙物の完成度。曲構成や楽曲の配置などもなんとも小粋で、全15曲にもなるのにまったく飽きがこない。素晴らしい作品です。

My Favorite:3.
http://jp.youtube.com/watch?v=vnSR1bKeosM&feature=related
すごくいい。すごくいいよ。こういう世界。後半の盛り上がりがいい。
スポンサーサイト


この記事へのコメント

このアルバムは激しく名盤ですね


いつかウェルカムホームやりたいことです
>>Jeff
Welcome Homeやばいよー俺もすごくやりたいんだけど、ヴォーカルが個性的すぎてあれだね。
この記事へコメントする















zita

Author:zita
東京在住。音楽、読書、映画、ドラム、お絵かき、廃墟が好き。趣味は広く広くを目指して。好きなものは深く深くを目指して。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。