≪ 2017 08   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017 10 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Buffalo'66(映)

b66.jpg

あらすじ:
5年ぶりに出所し、故郷バッファローに帰ることになったビリー。ところが彼は故郷の両親に服役していたことを隠していて、政府の仕事につき遠くで妻とリッチに暮らしているとウソをついていた。その上、母親との電話で”恋女房”を連れて帰ると、約束をしてしまう。思いあまったビリーは、通りすがりの女レイラを拉致。両親の前で自分の妻を演じるように脅迫する。賢いレイラは、誰かに愛されたいと願いながらも、触れられることさえ拒んでしまう不器用なビリーのことをすぐに見抜き、そっと寄り添ってあげるのだった…。(goo映画より抜粋)


再鑑賞したので今度こそレビュー。ヴィンセント・ギャロ様による、監督・俺、主演・俺、音楽・俺、なヒューマンストーリーであります。ヒューマンの中では、まあ個人的ベスト3には入るのではないでしょうか。そのくらい大好きな大切な映画です。

▼続きを読む▼

この記事へのコメント

この記事へコメントする















zita

Author:zita
東京在住。音楽、読書、映画、ドラム、お絵かき、廃墟が好き。趣味は広く広くを目指して。好きなものは深く深くを目指して。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。