≪ 2017 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ゼロ・グラビティ(映/ネタバレ微有)

16715.jpg


「トゥモロー・ワールド」「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のアルフォンソ・キュアロン監督が、宇宙空間に投げ出されてしまった宇宙飛行士たちの極限的状況を最新VFXと3D技術を駆使して描いたSFドラマ。スペースシャトルのメディカル・エンジニア、ストーン博士とベテラン宇宙飛行士のマットは、船外作業をしていたところで予想外の事故に遭い、宇宙空間に放り出されてしまう。空気も残りわずかで地球との交信手段も断たれ、たった1本のロープでつながっているだけの2人は、絶望的な状況の中から生還を目指すが……。ストーン博士役にサンドラ・ブロック、マット役にジョージ・クルーニー。撮影は「トゥモロー・ワールド」ほかキュアロン作品を多数担当する名匠エマニュエル・ルベツキ。脚本はキュアロン監督と、監督の息子ホナス・キュアロンによる。

----------------------------------------

年の暮れにとんでもない作品が誕生してました。ということで見に行ってきました「ゼロ・グラビティ」。

孤独に取り残された者の極限のサバイバルといえば、「オープン・ウォーター」シリーズや「フローズン」、そして今年なんかは「ライフ・オブ・パイ」なんかが記憶に新しいが、海も雪山も生ぬるい。今度は宇宙だ。ということで「ゼロ・グラビティ(=無重力」なのである。で、宇宙を出してくるんだからそんな生ぬるさは許さないよ、ということで極めて異例のキャストが2人のみ。という徹底っぷり。宇宙に行こうとしている人はこれ見て考え直せばいいんじゃないかなうん。

▼続きを読む▼

この記事へのコメント

これ良かったねー。
個人的にはオープンウォーターなどよりも「127時間」との類似性が強いなーと思ったよ。理性のほうが一旦先に絶望と諦めの彼岸まで行ってしまうんだけど、本能サイドがそれを拒否したかのごとく狂おしいような生への欲求がほとばしり、何があってもとにかく生きてるって素晴らしい!!的な生命讃歌を全速でぶつける流れがね。
あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いしますね。

途中の地球との偶然のコンタクト、そして妄想の中でのジョージ・クルーニーとの再会、それらから「やはり生きねば!」とくる流れ…一人しかいないのに、「人間ドラマ」ならぬ「生命ドラマ」が全力で描かれてて、圧倒されましたね。一人しかいないのに、ってのがこれまたサンドラさんのすさまじさなのかもしれませんが。

「127時間」見てないんですよねー…興味はあったのですが。こういう極限系なものは大好きなので、またマークしておきます。
この記事へコメントする















zita

Author:zita
東京在住。音楽、読書、映画、ドラム、お絵かき、廃墟が好き。趣味は広く広くを目指して。好きなものは深く深くを目指して。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。